ここから本文です

エディット・ピアフ~愛の讃歌~ (2007)

LA MOME/THE PASSIONATE LIFE OF EDITH PIAF/LA VIE EN ROSE

監督
オリヴィエ・ダアン
  • みたいムービー 474
  • みたログ 1,689

3.93 / 評価:549件

解説

「愛の讃歌」など、数々の名曲で世界中を魅了した伝説の歌姫エディット・ピアフの生涯を描く伝記ドラマ。監督は『クリムゾン・リバー2 黙示録の天使たち』のオリヴィエ・ダアン。1963年に生涯を閉じたピアフを『ロング・エンゲージメント』のマリオン・コティヤールが演じる。美しい歌声を披露したコティヤールの熱演と、愛に生きたピアフのドラマチックな人生のドラマが堪能できる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

歌手を目指す母アネッタ(クロチルド・クロー)の娘エディット(マリオン・コティヤール)は、祖母が経営する娼館で娼婦のティティーヌ(エマニュエル・セニエ)らに育てられる。やがて母のように道で歌い始めたエディットは、名門キャバレーのオーナー、ルイ・ルプレ(ジェラール・ドパルデュー)に見出されるが……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

映画レポート

(C)2007 LEGENDE-TF1 INTERNATIONAL- TF1 FILMS PRODUCTION OKKO PRODUCTION s.r.o.- SONGBIRD PICTURES LIMITED
(C)2007 LEGENDE-TF1 INTERNATIONAL- TF1 FILMS PRODUCTION OKKO PRODUCTION s.r.o.- SONGBIRD PICTURES LIMITED

「エディット・ピアフ/愛の讃歌」愛に傷つき、歌に生きた伝説の歌姫の真実

 大道芸人の娘に生まれ、売春宿を営む祖母に育てられ、失った視力を奇蹟的に回復させ、街角からデビューした伝説の歌姫エディット・ピアフ。不幸な生い立ちとスキャンダル、「愛の讃歌」はじめ自身の人生を反映させたバラードで庶民に支持され、フランスの国民的歌手になったピアフの人生を描く。

 ロマンス小説ばりにダイナミックなピアフの人生だが、第2次大戦中の反ナチ活動やイブ・モンタンとの恋といった有名エピソードをオリビエ・ダアン監督は大胆に割愛。飛行機事故死で幕を閉じたボクサー、マルセル・セルダンとの純愛を彼女の人生の象徴とし、ピアフの真実を探っていく。新鮮な手法から浮かび上がるのは、愛に傷つき、希望を失いながらも歌への情熱だけは決して失わなかったピアフ像。短い生涯で人一倍の不幸と幸せを体験した彼女にとって歌こそが人生の礎だったのだ。ピアフの歌声とドラマが重なり、感動もひとしお。主演のマリオン・コティヤールは、数奇な人生が生んだトラウマゆえに複雑な性格になったピアフを怪演と呼びたくなるほどに熱演。気まぐれで下品で不埒だが、愛さずにいられないマリオンのあだ花ぶりは、それ自体がフランス映画史の伝説になるに違いない。(山縣みどり)

映画.com(外部リンク)

2007年9月27日 更新

本文はここま>
でです このページの先頭へ