レビュー一覧に戻る
ラッシュアワー3
2007年8月25日公開

ラッシュアワー3

RUSH HOUR 3

1002007年8月25日公開

izq********

3.0

ネタバレ真田広之とのエッフェル塔バトルが凄い

真田広之、工藤夕貴の日本人俳優が出演。特に真田広之とジャッキーとのエッフェル塔での真剣バトルや高所バトルはなかなか凄い。ジャッキーとクリス・タッカーがエッフェル塔から旗をパラシュート代わりに飛び降りるアクションも笑っちゃうくらいめちゃくちゃなアクション。ただ相変わらずジャッキーは拳銃持っても撃てずに、反撃や逃走を許してばかりなのがもどかしい。 2人に刺激されてスパイになった気になってるタクシードライバーのジョルジュもいい味出していた。大使令嬢のスーヤンが第一作ではブサイクだったのに、本作では役者変えて見違え過ぎ。あと、ハリポのマグゴナガル先生がフランス語が話せるシスター役でちょい登場。雰囲気がマグゴナガル先生そのままやった。 中国マフィアのシャイシェンの正体を突き止めた香港の駐米大使が狙撃される。ジャッキー演じるリー捜査官とクリス・タッカー演じるカーター刑事がシャイシェンの正体を追いパリに飛ぶ。シャイシェンの正体は13人の権力者のリストであり、それはジュヌヴィエーヴという美女の頭に刻まれており、ジュヌヴィエーヴも組織から命を狙われていた。リーとカーターはジュヌヴィエーヴを守りながら、敵組織の工藤夕貴演じる殺し屋ジャスミンや真田広之演じる敵幹部ケンジら一味とバトルを繰り返す。最後は逃げ切り、ジュヌヴィエーヴを国際法廷のレイナール委員長のもとに連れて行くが、レイナールはジュヌヴィエーヴを殺害しようとする。リーとカーターは彼女を守るが、そこにケンジから大使の娘を人質に取っているとの連絡を受ける。ラストはエッフェル塔でのリーとケンジの壮絶な高所バトルの末、ケンジは最後に墜落。戦いは終わったかに思えたが、ジュヌヴィエーヴを捕らえたレイナール委員長がリーとカーターに銃を向けるが、パリで仲良くなってスパイ気分になったタクシードライバー・ジョルジュがレイナールを撃ち2人を助けて終幕。

閲覧数1,173