ここから本文です

潜水服は蝶の夢を見る (2007)

LE SCAPHANDRE ET LE PAPILLON/THE DIVING BELL AND THE BUTTERFLY

監督
ジュリアン・シュナーベル
  • みたいムービー 1,381
  • みたログ 2,913

3.85 / 評価:812件

言われた側の気持ち

  • cas***** さん
  • 2020年10月15日 1時30分
  • 閲覧数 123
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

二つの余韻。
一。「死にたい」と言う主人公に「あなたは希望なのに、許せない、失礼だ」と言って部屋を出て行くシーン。
そのシーンまで、主人公の「死にたい」に同情して見ていたから、驚いて、でも彼女の言葉もすぐに理解できて、涙がこぼれた。
ふさぎがちな自分にザクッと突き刺さった。
二つめ。
女性の気持ちを理解しないくだりが散見されるのは、死を覚悟した開きなおりで、隠さず、飾らず、彼のリアルを叙述(まばたき)したのだと思う。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ