ここから本文です

潜水服は蝶の夢を見る (2007)

LE SCAPHANDRE ET LE PAPILLON/THE DIVING BELL AND THE BUTTERFLY

監督
ジュリアン・シュナーベル
  • みたいムービー 951
  • みたログ 2,486

3.88 / 評価:610件

解説

ファッション誌「エル」の編集長として活躍する人生から一転、脳梗塞(こうそく)で左目のまぶた以外の自由が効かなくなってしまった男の実話を映画化。原作は主人公のジャン=ドミニック・ボビー自身が20万回のまばたきでつづった自伝小説。『夜になるまえに』のジュリアン・シュナーベルが監督を務めている。主人公を演じるのは『ミュンヘン』のマチュー・アマルリック。シリアスな展開の中に温かいユーモアが味わえる一方、独特の映像美も堪能できる感動の実話だ。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

昏睡(こんすい)状態から目覚めたものの、左目のまぶた以外を動かすことができないエル誌編集長ジャン=ドミニク・ボビー(マチュー・アマルリック)。意識ははっきりしているにもかかわらず言葉を発することができない彼に、言語療法士のアンリエット(マリ=ジョゼ・クローズ)はまばたきでコミュニケーションを取る方法を教える。

シネマトゥデイ (外部リンク)

映画レポート

(C)Pathe Renn Production-France 3
(C)Pathe Renn Production-France 3

「潜水服は蝶の夢を見る」詩情溢れるジュリアン・シュナーベルの最高傑作

 邦題のポエティックな響きにすべてが象徴されているこの作品は、ジュリアン・シュナーベルの最高傑作。脳梗塞で倒れた有名ファッション誌編集長が、唯一動く左目の瞬きだけで綴った自伝というと、重苦しい闘病記を想像しがち。だが、そこは画家でもあるシュナーベル。全身麻痺の主人公の狭い視界に映し出される病室にすら詩情が溢れている。そのカメラワークも斬新で効果的。フレームアウト連発の主観ショットで主人公の不自由さと苛立ちをときにユーモアを交えて体感させる前半が、客観ショットに切り替わる後半は彼の世界の広がりも体感させる。たとえカラダが潜水装置に閉じこめられたようでも、自分と向き合うことで主人公の想像力が蝶のように自由に羽ばたきだすと、観ているこちらの心まで解き放たれるようなのだから。

 病に倒れても人間臭いままで、これまでの人生への罪悪感を自虐的に独白する主人公(マチュー・アマルリックが素晴らしい!)が憎めないのも、人間へのシュナーベルの愛が全編に感じられるから。死に直面して初めて気づく生の重みに、自分のカラダが自由に動くうちにリアルに、それもポエティックに向き合わせてくれたシュナーベルに感謝。(杉谷伸子)

映画.com(外部リンク)

2008年1月24日 更新

本文はここまでです このページの先頭へ