2007年10月27日公開

象の背中

1242007年10月27日公開
象の背中
2.8

/ 489

17%
17%
23%
17%
25%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

これまで何不自由なく暮らしてきた48歳の中堅不動産会社部長・藤山幸弘(役所広司)は、人生の円熟期を迎えようとしていた。ある日突然、医師に肺ガンで余命半年と宣告されてしまう。これまでの人生を振り返った藤山は延命治療を選択せず、今までに出会った大切な人たちと直接会って、自分なりの別れを告げることを決意する。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(395件)

泣ける25.9%切ない24.9%悲しい18.5%絶望的6.8%ロマンチック4.7%

  • m_a********

    1.0

    時間の無駄でした

    癌で余命短い主人公を描く上辺だけのカタログ映画。いくつも違和感で途中で観るのが無駄に思えた。 ①肺がん患者が最後までタバコを離さなかった ②夫が死んでいくのに最後まで優雅な奥様 ③死に不釣り合いなリゾートも霞む 豪華なホスピス ④今時なかなかいない仲のいい家族 などなど しかし最も違和感はこんな素敵な奥様、家族がありながら堂々と不倫していること。さらに分骨まですることなどあり得ない。 分骨するならそこに至る経緯の描き方が弱すぎて笑ってしまう。 インスタグラムにセレブな生活をアップするような今時のカタログ映画。 最後に役所広司を無駄使いした。

  • kei642

    3.0

    ネタバレ奥さんの

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • iza********

    1.0

    不快

    秋元康の気持ち悪さ全開のゴミ映画 不快な気分になるから見ない方がいい。特に既婚の女性

  • ソロビッチ

    1.0

    ゴミ映画  マイナス-100点

    「俺昔から弱虫だから」役所 ガンなったらなんでも許して貰える妄想バカ映画。 今井美樹妻が嘘臭いし井川遥もヌケヌケ。子供もゴミ。応援とか痛くて痛くて痛くて。 そもそも世界狭過ぎ。もっと色んな人に会いに行けよ。 脚本読んで感動して10キロ痩せて役作りの役所とか幻滅。キャリアあって見抜けないのか。 海とか豪邸とかよい暮らししてるし、海見てたらなんでも許せるのかよ。 ケミストリーの歌も失笑しかない。 本当に何一つよい所のない映画。秋元康は心底読者舐めてる。 南沢の太ももくらいです見所 マイナス-100点

  • かじ

    2.0

    うーん

    人生観のお話。 レビューでチラホラある【作者の理想の死に方】なのかな。ってすごくわかる。 そして原作秋元康で反吐が出る。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


役所広司藤山幸弘
今井美樹藤山美和子
塩谷瞬藤山俊介
南沢奈央藤山はるか
井川遥青木悦子
高橋克実佐久間清
白井晃松井
益岡徹城山
手塚理美福岡美穂
笹野高史高木春雄
岸部一徳藤山幸一

基本情報


タイトル
象の背中

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日

ジャンル