レビュー一覧に戻る
1408号室
2008年11月22日公開

1408号室

1408

1042008年11月22日公開

私はだあれ?

4.0

結構怖い

この部屋で起こる怪現象のせいで多くの人が謎の死を遂げたという。 本編ではどういう霊が住みつき、どんな哀しい出来事があったのか語られる事はないので次から次へと起こる心霊現象に救いがない。 邦画では過去にあった悲惨な出来事により強い怨念を持った霊に対して怖い気持ちを持つと同時に霊に対して同情する気持ちになったりするが、本作はただただ怖いの連続で後半萎えてくる。 ホテルの支配人役のサミュエル・L・ジャクソンの怪演が気味の悪さを更に演出していた。 見続けていくうちにどこまでが現実で、どこからが幻覚なのか分からなくなってきて、ラストも観ている側の捉え方によって結末が変わってくるのかもしれない。 恐怖に対する演出は見事だった。

閲覧数801