ここから本文です

エクスマキナ (2007)

EX MACHINA/APPLESEED SAGA: EX MACHINA

監督
荒牧伸志
  • みたいムービー 122
  • みたログ 529

2.91 / 評価:254件

ジョン・ウーテイストのアニメににやり。

  • suw***** さん
  • 2008年4月21日 1時45分
  • 閲覧数 57
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

3Dアニメの進化はここまでかというほどの画像。
ディズニーの3Dほど白々しくなく、ファイナルファンタジーのときのようにカクカクしていない。
たまに実写と間違えるほどの出来栄え。
そして、このエクスマキナのキャラ、難しいギリシャとかローマ時代みたいな名前だけれど、感情移入できてしまう。
主人公のデュナンはかわいらしくたくましい。
本編前に宣伝していたバイオハザード3(実写版)の役者よりも魅力的なのが笑えた。
これでは将来、役者が要らなくなってしまうかもしれませんね。
物語は未来の話。
人の想像力はここまでかというほど、良く考えている。
そして、ハリウッド映画にありがちな未来都市の街並みはアニメならではのきれいさで、描かれている。
ストーリーには触れないが、この物語の中で、ぱパートナーで恋人のサイボーグ(元生身の人間)と人間、人造人間の三角関係テイストが描かれている。その設定が面白いが、ここでは触れません。

総じて、物語でオヤッと思ったのが、一部エヴァンゲリオンと同じような箇所が(テーマというべきか)あったこと。未来を考えると共通の想像にぶつかるのかぁ。

あと、アニメの中のアクションシーンがめまぐるしく展開するのがちょっと疲れる。
ティムバートンのナイトメアビフォアクリスマスほどではないけど。

マニアのかたには賛否両論らしいが、いち映画ファンとしてはジョンウーテーストのアニメとしい、未来劇といい、アクション映画といいとても楽しめた一本です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • ロマンチック
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ