ミヨリの森
2.8

/ 41

15%
15%
27%
20%
24%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(21件)


  • z48********

    2.0

    背景が美しい。ただそれだけ

    圧倒されるのは、丁寧に細部まで細かく描きこまれた背景表現です。美しくも幻想的な桜の木や、ノスタルジックな田舎の風景は素晴らしいクオリティで、見ていて癒されます。本作を監督したのは山本二三監督。彼はスタジオジブリでもののけ姫や千と千尋の神隠し、細田守監督の時をかける少女などで美術監督を担当した、いわばアニメーション背景美術のプロフェッショナルです。制作に3年かけたとはいえ、テレビスペシャルでこれだけのクオリティを出せるとは、驚きです。 しかし、個人的にはそれ以外に褒めるところは特にありませんでした。背景は美しいですが、キャラクターの描き方が雑というか、丁寧でないのです。影の付け方が下手なのか、キャラクターの色彩設計が背景とあっていないのか、キャラクターデザインが下手なのか、とにかく繊細な背景とのギャップがあり、観ていて違和感を覚えます。主人公を含めてキャラクターの表情も硬く、感情表現が上手いことできていないため、共感がありませんし、魅力もありません。これらは妖怪たちの描写にも言えることで、妖怪たちお世辞にも丁寧とは言えないものでした。神聖で不思議な生き物という存在にしたかったようですが、ゆるキャラっぽいマスコットキャラクターにしか見えないのが辛いところ。手を抜いたとは言いませんが、もう少し何とかしてほしかったところです。山本二三監督は、背景を描くのは得意ですがキャラクターを描くのは得意ではないという印象を受けます。新海誠監督と似たところがありますね。なので今回の作品にはキャラクターを上手く描ける人物を起用し、監督の弱点を補う必要があったと思います。映画ではなくテレビアニメですから、色々制約があり難しいところがあったのでしょうけど。 ストーリーもありきたりでした。田舎に来て心を開く成長物語は、アニメ以外にも様々な形でやり尽くされてきました。とはいえ、ありきたりでも工夫すれば素晴らしい作品に仕上がるというものです。ありきたりになるということは、裏を返せばそれだけこの手の物語が人気があるということですから。しかし、その工夫が生かされていませんでした。背景を綺麗に描きキャラクターの繊細な心情と重ねる試みをしているのでしょうが、それだけでは不十分だったということです。 最後に声優。下手です。棒読みなだけでなく、キャラクター像と声が合っていないのです。明らかにミスキャストと言える配役の方が多すぎます。そのせいで、せっかくの美しい森の雰囲気をはじめ作品の世界観が丸潰れです。アニメ映画作品では著名人を起用することで棒読みになることが多いですが、それを嫌う方には絶対にオススメできません。 星2つ、良かったのは背景表現だけ。

  • cap********

    2.0

    ネタバレ2億円つかってもまだコレ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • sqf********

    3.0

    主人公は蒼井優?

    完全に「蒼井優」が主役声優をするように、キャラクタライズされてた感じがします。うーん、「鉄コン・・・」の方が良かったなあ。ってことは、少女役よりガキ役の方がはまっていたってことか。 あと、ダムをめぐる話だったけど、実際は色々この問題は難しいんだよね。治水をとるか、自然をとるか。あと、保護動物がいるからダム中止だとか、実際にそうなんだろうけど、何かこの物語のコンセプトに持っていくにはちょっとそぐわないかなって感じでした。それよりは、知事に陳情しまくるとかの行動の方が、僕は好きだな。

  • ais********

    2.0

    期待はずれ・・・

    2億円を使い、キャストに蒼井優と話題性があったので、とても楽しみだった。だけど、見たら『えっ、これだけ?』っといえるような作品だった。ストーリーがとてもありきたりで、壮大さを全く感じない。本当に2億円を使ったの?って思う。

  • koh********

    2.0

    中途半端

    森を守る為に妖怪達と選ばれし者ミヨリが奮闘する内容ですが、 森の素晴らしさもそう伝わらないし、 ダム建設の人たちを撃退する為に妖怪達が怖い思いをさせますが、 震え上がるほどの恐怖感が伝わりません。 やっぱりアニメはプロの声優さんにするべきですね。 ミヨリじゃなく、蒼井優なんですよねー感情移入出来ないって。 大根役者ならぬ大根声優?つーか。聞くに絶えられませんでした。 最後まで慣れることなく終わりましたね。うーん。

  • him********

    1.0

    ネタバレ「予算2億と構想3年」の作品らしい。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • jig********

    2.0

    物足りない・・

    森の守り神に選ばれたミヨリが 森の精たちと共にダム工事で沈もうとする 村や森を守るというお話です。 ミヨリの声に蒼井優。 自然破壊に対しての警告、メッセージとしては弱いかなぁという印象です。 言わんとすることは単純明快でしたが、 もっと強烈なアピールが必要だったのでは?と、思いました。 自然破壊に対して警告を発する強烈なインパクトとしては 「風の谷のナウシカ」や「もののけ姫」に及ばず、 ちょっと面白く見せてやろうという部分では「平成狸合戦ぽんぽこ」に 及ばず・・。 ま、比べる対象がツワモノすぎるのかと思いますが そこはやっぱり後発の作品としては 強烈にアピールしてこそ伝わるのではないかなと思いました。 子供向け作品なのかな?そう思えば、わかりやすくて程よいのかもしれません。 あとは出てくる妖怪(精霊?)がもうちょっと魅力的であれば 感情移入もしやすかったかなと思います。 蒼井優の声優は意外とよかったです。

  • mimensys

    3.0

    見た。

     都会人の喜怒哀楽の無さは非常に良く描かれていた。  総て淡白に描かれている。  みよりなど鎖国状態だ。  森の精霊との交流で、心が柔らかくなる表現は良かった。  だがいきなり精霊が沢山出て来過ぎではないかな?  それに言葉も多過ぎ。  精霊と協力してダム計画を潰すエピソードも良かった。  でもどこかで見た様なエピソードだった。  しかし、みよりの両親が自分の両親(おじいさんとおばあさん)をないがしろにし過ぎだ。  これは情緒教育上良くないのではないかな?

  • tos********

    5.0

    けっこう好きだけどな

    純粋に、自然保護をうたった作品、開発・利権をとるのか、自然保護をとるのかを、子供の純粋な視点から観た作品。賛否両論多いようだけど、純粋な気持ちになれて、けっこう好きだけどな。原作よりも、精査されている感がありました。

  • n_1********

    4.0

    景色が最高だった

    背景が印象的でとにかく綺麗でした。 美しい田舎景色。岐阜県の村がモデルになってるらしいのですが、一度足を運んで見たくなりました。 ストーリーは純粋な心で見れる人は楽しめるかと思います。 キャラの表情がわかり辛くて感情移入はできませんでしたが、おもしろかったです。 作品に合った落ち着く音楽と美しい景色だけでも見る価値アリ

  • fgn********

    4.0

    田舎の景色が良かったですね。

    八ッ場ダムの事業凍結は妥当かどうかどうかが議論されている中で見た作品ですが中々最後ごろは印象に残りましたね。 自然が多い農村や、やんちゃな少年・優しいばあちゃんを見ていると何となく「となりのトトロ」を連想しましたね。トトロと同様にユニークなキャラがたくさん登場しました。 村のモデルはおそらく高山の合掌造りの集落だと思いますが、そのせいかアニメ版の「ひぐらしのなく頃に」も連想しましたね。猟銃などで武装した男たちがぞろぞろと森に入って行って返り討ちにあうところなんかも似ています。 自然と交流することで心を開いていくミヨリが印象的でした。 また山奥の村の様子も素晴らしいの一言でした。 残念だったのは、ミヨリの両親がその後どうなったかが一切描かれていないところでしょうか。母がバスで農村を後にして結局それっきりでしたね。 あと、全体的にストーリーもややありがちな感じだったのが少し残念でしたね。

  • mih********

    4.0

    自然特集第一回

    夏も盛りを過ぎた今日この頃。 私の住む辺りは山が多いので、 大学も林業系にすることに決めました。 というわけで、 今回から何となく森関連の映画を中心に レビューしようと思います。 記念すべき第一弾は『ミヨリの森』!!! なのに・・・ ちょっと! 森の映画だってのに、 全然森っぽくないんですけど! 森、山ってのはもっと 薄暗くって不気味で汚らしくて臭い。 こんなにきれいきれいじゃ、 まるでニュータウンの散歩道じゃねえか。 まして、 夜に山ん中歩こうだなんてちょっと怖すぎだよ。 足踏み外すよ。 まあ、 百歩譲って闇夜の中を平気で歩くのは良しとしても、 動物がいない。 虫も全然いない。 山といえば狭い道と腐った木切れと 馬鹿でかい蜘蛛の巣に尽きる。 他にも無数の蝶やガやハエがブンブン飛んで、 蜂までいる。 そうすると今度は山の音がしなくなる。 セミさえ鳴いてりゃ夏だと思って、 他の音をほとんど入れないという暴挙。 挙句の果てが風が吹いても動かない木々。 あのさ、ちゃんとリサーチしたわけ? 木が生えてりゃ森だと思ってやしない??? 森のにおい立つ描写がゼロ。生命感の全くない。 こういう言い方はあれかもしれないが、死んだような森だ。 そして、 山が死んでりゃ他の季節感の描写も死んでいる。 背景の山々は素晴らしいが、 出てくる人が汗かいていないのはなぜ? ミヨリたちはいいとしても、 あの長袖長ズボンにライフル担いだハンターたちが 涼しい顔してて、もうありえない。 もっと『トトロ』のような夏らしさを 演出する方法があっただろう。 暑さを描ききれていない。 描かれていないといえば、 何もかも中途半端で全然描ききれていない。 まあ、山や森は描ききれなくてもいいとしてだ、 あの大きな合掌造りの家が全然でてこないのはひどすぎる。 で、肝心の森の精霊もさっぱり描きれていない。 精霊で思い出せるのはいつも回りにいた3人と、 ちょっと出てきた数人くらいで、 あの何十人もいたほかの大多数はさっぱり出てこない。 最後のハンター脅しのために出していたのか? この際、 ダムも何もなくしてミヨリと精霊の交流を、 描くだけにしたら良かったのではないだろうか? 要素がありすぎて、散漫な印象。 とまあ、 目に付くのは悪いところばかりなのだが、 私は理屈抜きで今作が好きだ。 環境問題なんかはっきりいってどうでもいい。 今作はそんな当たり前の事を言ってはいっていない。 第一、環境問題だったらダムを悪くいえない。 日本の森がなくなるのは、世界のどの森がつぶれるのより問題である。 日本は森とともに発展してきたわけだから、 その風景がなくなるのは文化的な破滅である。 あらゆる文化財も、自然の風景を元にしてるのだから、 その元がなくなってしまったら日本でなくなる。 だから、森を壊してはならないのだ。特に日本の森は。 今作は、 そういう込み入った事情を精霊たちを通して まとめるつもりだったのではないのかな? 子供にも分かりやすく、 『日本人は森の民族だから、  森なくしたら民族としてのアイデンティティーを喪失するのだよ』 を 『森には優しい聖霊たちがたくさんいるから、  むやみに彼らの住処を奪ってはならないんだよ』 というふうに。 最も、昔から八百万の神見たいに日本人は森を見ていたから、 そんな風にむずかしく考える必要もないのかもしれない。 ただ綺麗で静かなところを守るというのが、 突き詰めて考えた結果になるのかな? 物語が散漫な上に、絵が雑で、広がりと現実味に欠けた、 不自然な自然の映画ですが、 深く考えさせてくれる映画です。 見ると、自然の大切さが骨身にしみる映画です。 次回は『平成狸合戦ぽんぽこ』です。

  • fin********

    5.0

    好きなタイプのストーリーでした。

     主人公の少女(ミヨリ)が東京から田舎で暮らすようになり、森の精霊たち公認の「守り神」であるミヨリが、森の精霊たちや学校の仲間たちと協力して、森がダム建設のためにつぶされるピンチを救うといった話。  まず描かれている田舎の風景がきれい。そして田舎の子供たちが人なつっこくて可愛い。私の好きなポイントを押さえていました。  それぞれのキャラクターももちろん素晴らしいけど、子供たちの会話もまた楽しい。何度かつい吹き出してしまうほど面白かったです。  ミヨリと母親の田舎での会話のやりとりも面白かった。  本筋とは違うところで楽しめる部分がたくさんあるところがまた素晴らしいですね。  大人も子供も楽しめるアニメだと思いました。

  • may********

    5.0

    ネタバレ勝気で深い悩みを抱える現代少女

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • cjr********

    5.0

    ネタバレ優美な大自然の描写。等身大のヒロイン。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • pbh********

    4.0

    ネタバレ目新しさは無かったけど好きです。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • sap********

    5.0

    ネタバレ気持ち

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • iwa********

    5.0

    見てみたら・・・

    私はこのお話を「見なくてもいいや」と思っていましたが テレビでやっていたので「見てみるか…」と思い 見ました。 それで「面白いじゃん」と思いながら見てました。 面白いです。特にキャラが…(^▽^;)>

  • tee********

    3.0

    ちょっと、教育的…?

    蒼井優ということで、 ついつい観ましたが、 結構オーソドックスなつくりで、 可もなく、 不可もなく、ということでしょうか? ミヨリにしか見えない森の精たち、 孤独な少女、 バラバラな家族、 都会からやってきた少女、 新たな友情、 土地開発により森の伐採、 というようなキーワードだけで、 だいたい想像がつくストーリーだと思う。 絵は、 急におおざっぱになったりして、 そこがもったいない。 ちょっと、教育テレビ風なにおいがしました。

  • de7********

    3.0

    風景が

    風景がきれいでした。

1 ページ/2 ページ中