レビュー一覧に戻る
ヒッチャー
2007年11月24日公開

ヒッチャー

THE HITCHER

842007年11月24日公開

ミッキー

3.0

ネタバレハイウェイの果てに地獄を見た─

C・トーマス・ハウエル、ルトガー・ハウアーの名演が光る名作ホラーをマイケル・ベイがリメイク。 ジョン・ライダーを演じるのはショーン・ビーン。 オリジナルとの変更点は主人公を女にして、彼氏が途中で退場するキャラにした。 また、ガソリンスタンド爆破シーンが無くなり、車が崖から降ってきて、廃墟に逃げ込むシーンが変わりに作られた。 オープニングでたしかウサギが車にひき殺されたり、中盤の彼氏がトラックで引きちぎられるシーンなどの残酷シーンは、見せない演出だったオリジナルと異なり、現代的でグロテスクになっています。ここがマイケル・ベイが好きになれないところです。派手に、グロくすればいいと思っている。演出やユーモア、オリジナルティに欠如しているから「トランスフォーマー」のようなCGの塊のような駄作映画を作ります。 クライマックスはやはり、ショットガンでライダーを倒します。絵的にはよくできていました。 全体的にはオリジナルファンとして、平均的なリメイクだったと思います。カーチェイスは迫力あってよかったし、展開を変えすぎない程度に変えたのはよかったです。 でも、演出がいけなかったです。「ヒッチャー」にグロはいらないと思います。 あと、ショーン・ビーンではルトガー・ハウアーにあった悪そのものを表現できずに、ただの頭の狂った親父にしかみえませんでした。

閲覧数305