レビュー一覧に戻る
ヒッチャー
2007年11月24日公開

ヒッチャー

THE HITCHER

842007年11月24日公開

mas********

4.0

オリジナルVSリメイク⑫ リメイク版

伝説の殺人鬼ジョン・ライダー、この役を有無を言わさぬ迫力で数多の映画ファンを震え上がらせたルトガー・ハウアー。リメイク版で彼に敢然と挑んだのがショーン・ビーンです。 今日のお題目は「ヒッチャー」(2007年版)です。 この俳優も好きな俳優さんの一人。基本悪役俳優って好きなのですよね。映画の中では極悪非道でも、実際の人柄はメチャ良い人ばかりだそうです。ショーンもその一人、「007」のメインのボス悪役でボンドをここまで痛めつけた男はショーン演じた006が何と言っても最強でした。好きな俳優であるが故、どうしても贔屓目に見てしまいますが、オリジナルのハウアーには一歩届かなかったにしても、現代の俳優の中では彼ほど殺人鬼ジョン・ライダーを演じられる者はいないでしょう。 リメイク版ということで大筋のストーリーはオリジナルとほぼ同じです。ただ大きな変更点はこの殺人鬼に追い回されるのが、一人の青年からラブラブのカップルに変わっているということ。 非常に不条理なのだが、現実的な恐怖を感じることができたオリジナル版、でもハッキリ言って恐怖度ではリメイク版の方が数段上を行く怖さです。サスペンススリラーというより完璧にホラーに近い。それもサム・ライミ風のドッキリシーンのオンパレードで観ていてもう勘弁してくれよって感じ。84分という短めの映画なのに地獄の恐怖が永遠に続くのではないかとさえ思えてしまうほど。 名前は同じでも本作のジムはかなりのヘタレボーイで、挙句の果てに途中退場してしまう。そこで代わってショーン・ライダーに立ち向かうのがヒロインのグレースということに。実際これはこれでかなり面白く、ドキドキしながら最後までそのテンションをだらけさせることなく観れたのですが。 女性が殺人鬼に立ち向かう、最近ではもうこのパターンが王道とも言えます。お飾り的な役柄から主役に躍り出たホラー映画のヒロインたち、思えば「エイリアン」のリプリーからその歴史は始まった。ホラーの殿堂「13金」や「エルム街」でもジェイソンやフレディを倒すのはかよわい乙女たち。闘う女性の映画、勿論嫌いじゃないし、現実でも男性より女性の方が強い(笑)。だが映画の世界に関してはやはりファンタジーだと感じてしまう。 男同士の熾烈な闘いとなったオリジナル版、こちらはリアリティに溢れていた。でも本作ではあまりに映画的。恐怖のエッセンスはこちらの方が高いかも知れないが、大体恐怖の質がハッキリ違う。どこまでも執拗に迫って来るハウアーのジリジリする恐怖感こそ、本物の恐怖。それに対してやはりこちらは映画のテクニックを駆使した作り物の恐怖なのです。 オリジナルのラストシーン、振り向きざまライダーにショットガンをぶっ放すジムは本当に良かった。キャラクターに凄みがありました。でも本作、どうしたってソフィア・ブッシュにハウエル並みの重さは感じられない。 徹底的にエンターテイメントにしてしまったということなんですよね。オリジナルのライダー、一体何を考えているのだかわからないところが不気味であり、本当に怖かった。でも本作のライダー、死に際のグレースに語りかける言葉には心底ガッカリ。何だよ、自分の気持ちを理解して欲しかったのかよ!? またオリジナルでは孤立無援のジムの心細さも恐怖感を盛り上げていた。でも本作は始めから狙われるのが二人。この違いも大きい。 そうは言っても、ショーン版ライダーもメチャコワイことは確かです。その辺はやはり名悪役俳優、ただやはりあまりに単調な感じがします。元来ジョン・ライダーというキャラ、イカレテはいるが、かなり頭が良かった筈。何を考えているかわからない不気味さこそがこのキャラクターの最大の魅力でしたが、究極のエンタメを目指した本作でのライダーはただ猪突猛進型の狂人としてしか描かれていない。その人物の浅さが至極残念。 オリジナルと比べるとグロさはケタ違いなのでご注意を。一方見せ場の一つカーアクションシーンも比較にならないほど物凄い。それもその筈、何と言ったってマイケル・ベイが製作に絡んでいるのですものね。レザーフェイス、ジェイソン、そして最近のフレディと、往年のホラーヒーローたちを復活させることが癖になってしまったベイちゃん。いかにも彼らしいスピーディでド派手な作風に仕立て上げました。映画としては流石に面白い、オリジナルを未見の方であれば、案外この映画、メチャクチャ楽しめるかも知れません。 伝説の傑作を今風にアレンジした本作、リメイク版としては良く出来ていると思います。それでもやはり前作を初めて観た時のショックには及ばなかったかな。ということで今回の勝負、やはりオリジナルの勝利ですね。

閲覧数1,735