ここから本文です

ヘアスプレー (2007)

HAIRSPRAY

監督
アダム・シャンクマン
  • みたいムービー 1,182
  • みたログ 6,016

4.17 / 評価:2,155件

☆きらめきの笑顔♪シンデレラストーリー☆

  •   葵 ☆Aoi さん
  • 2007年11月2日 21時29分
  • 閲覧数 2000
  • 役立ち度 119
    • 総合評価
    • ★★★★★

幼い頃から、父がいつも、
「笑ってごらん・・。女の子はね、笑顔が大切だよ・・」
恥ずかしがり屋の、少し内気だった私に、
嬉しそうに、目を細めて、言っていた・・。
その意味が、本当に、よくわかった映画でした。
 
トレイシーのはじけんばかりの、天真爛漫な笑顔・・☆
明るくて、元気で、キラキラしていて、とっても可愛い・・♪
観ている私まで、笑顔になっていました。
笑顔は、心に、安らぎを与えてくれて、Happy♪な気分にしてくれますね・・。

オープニングのトレイシーの歌と笑顔・・音楽♪♪
ただ、それだけで、胸がいっぱい~!に、熱くなりました。
学校に着くまでの、あのオープニングのシーンが、大好きです・・☆
 
憧れの彼が、声をかけてくれた・・ただそれだけで、
鐘の音が聞こえてくる・・(ウェディングベルが・・)
どんどん想像をめぐらせて、彼とのウェディングまでを、決まったかのように喜ぶ!
前向きで、ポジティブ、プラス思考のトレイシーに、
こちらまで、楽しくなって、元気になれます。

パパ(クリストファー・ウォーケン)も、
ママが、「あの子が可哀相だから、反対するのよ・・。」と涙ぐんでいると、
「よし!まかせてくれ、俺が説得してくる!」と、ママを励まし、
一方で、トレイシーの夢を聞けば、「それは、賛成だ!応援する!」と、
頑張ろうとする娘の気持ちを尊重してくれる・・どちらの気持ちも大切にしていく、
そんなパパが、家族愛に溢れていて、素敵です。

どんなこともマイナスに考えず、太っていることなんて、微塵も気にしない・・
逆に、それを、ひとつの魅力に変えてしまう・・☆

「時代は変わったのよ・・・みんなと違っていることが、素敵なの・・!」
自分への自信や誇りがなければ、言えないことです。
どんなこともプラスに変えていける強さ、愛と勇気、底力、
それこそが、サクセスストーリーの源と、なっているのでしょう・・・。

「プラダを着た悪魔」で洋服のサイズやプロポーションを気にする女性たちを見ると、
その思いに、共感を覚えたり・・・
カロリーを考えて、太らないように、気をつけていたりする自分があって・・・。
そんなことが、とても無意味に、思えたりもしました。
ボディラインやスタイルの美しさよりも、
内面の豊かさが、女性を魅力的に見せるのだと実感させられる、説得力がありました。

トレイシー(ニッキー・ブロンスキー)、
1,000人のオーディションから選ばれたそうですね。
アイスクリーム屋さんで、バイトしていたとか・・。
同じ動作をするにも、痩せている人と太っている人では、
心臓にかかる負担や疲労が、何倍も違うと聞いたことがあります。
太っているのに、よくあんなにハードに踊れるなあ・・!と驚きました。

ニッキーは、高校生のころから、ミュージカルの訓練を受けていて、
歌唱力も評価されていたそうですね。
映画の主人公を、そのまま、地でいくような、
実生活も、まさに、シンデレラストーリーですね・・☆

ジョン・トラボルタが、太ったママになりきっていて、
ダンスしたり、パパとの夫婦愛を熱演したり、楽しくて面白かった。

「素晴らしき日」に出ていたミシェル・ファイファー・・その映画の印象からすると、
(相変わらず美しかったのですが)お年をとられたなぁ~と、感じました。
・・あれは、10年以上も前の映画だったのですね。・・それでは、仕方がありません。
パパのいたずらオモチャ店のシーンでは、笑いました。
ちょっと意地悪なベルマ役が、コミカルで、合っていました。

パパが、ブーブークッションの上で寝ていたシーンは、みんな爆笑でした。
映画館で観ると、他の人たちの反応が伝わってきて、楽しいですね・・♪

恋・友情・歌・ダンス・おしゃれ(Big hair似合っていましたね)・・
夢に向かって、邁進するトレイシーが、輝いていて魅力的な上に、
ドレスや衣装も、きらびやかで、ブロードウェイミュージカルを、そのまま楽しんで
いるようで、最後まで、ハイテンションで、スクリーンに引き込まれました。

軽いノリに見えながら、人種差別という大きな問題が、テーマの根底にありますが、
暗く重苦しくならず、白人も黒人も、
芸術や文化を愛する思いは、人は皆、等しく、同じであるということが、
明るく、温かく、メッセージされていました。

映画が終わった後、エンドロールになっても、誰ひとり、席を立つ人がいませんでした。
みんな、同じように、Happy♪な余韻を味わっていたのでしょうか・・・☆

もともと、ミュージカル映画は、ほんの少し敬遠気味でしたが、
この映画には、喜怒哀楽やストーリーもちゃんとあり、
お気に入りレビュアーさんのおすすめレビューのおかげで、観ることができて、
とても良かったな♪~と感謝しています・・☆

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ