レビュー一覧に戻る
L change the WorLd
2008年2月9日公開

L change the WorLd

1282008年2月9日公開

izq********

1.0

ネタバレデスノートとは関係ないただのB級映画

映画版デスノートでLがデスノートに自らの名前を書いて死ぬまでの最後の23日間を描いたスピンオフ。デスノートとは全然違う話しで、Lを主役にしているが、頭脳戦というわけでもなく、つまらないB級映画になり下がった作品。ストーリーも役者演技もどうしようもない。特にナンちゃんのFBI役や悪者一味達の演技のひどいこと。 松山ケンイチのLの演技のクオリティに、周りの役者のひどい演技がミスマッチ極まりない。子役福田麻由子の演技が光ってたくらい。 映画版デスノートが面白かっただけに、残念極まりない作品。 ストーリーは、デスノートに自分の名を書いたLが残りの命23日間の間に、ウイルステロを防ぐ話し。ウイルステロによる人類削減を企むKこと九條希美子と的場の悪一味が、ワクチン開発者の二階堂教授からワクチンを奪うことに失敗。九條は、自らウイルスを摂取しながらも発症しない二階堂の娘真希を拐い、真希を利用してワクチンが作れる振りをして金目当ての的場らを欺き、飛行機でアメリカに脱出しようとするが、真希が機内で発症して的場ら悪者一味はウイルスにやられていく。 最後は、ウイルスがばら撒かれた地域の生き残りの少年を使ったワクチン開発に成功したLにより、真希と九條含めた機内乗客の命が救われる、という話し。

閲覧数2,068