ここから本文です

スカイ・クロラ The Sky Crawlers (2008)

THE SKY CRAWLERS

監督
押井守
  • みたいムービー 636
  • みたログ 2,672

3.31 / 評価:1522件

クロラの意味を考えると・・・

  • taj***** さん
  • 2011年8月1日 22時53分
  • 閲覧数 892
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

はじめにお断りしておきます。
ストーリーのネタに触れます。
ご了承ください。

楽しい、明るい映画、話が好きな人は観ない方がよいです。

物語で一番心に残るのは、
やはり函南くんのドッグファイトからのラストシーン。

終わり方が切ない。

やはり、「ティーチャー」に彼は勝てないか。
物語を俯瞰して考えると、たしかに彼が勝ってはいけない。

物語の演出上、主人公は函南くんですが、
物語を通して、主軸にいるのは草薙さん。
彼女が勝たなければならない。

クロラ crawler の意味はおそらく無限軌道を続けるもの。
キルドレは年を取らない、戦死しなければ死なない。
絶望の無限回廊にいる。
生き続ける草薙さんを象徴するタイトル。

函南くんの死は草薙さんにとって
悲しみや絶望であり得るけれど
無限回廊から抜け出すための希望でもあった、かもしれない。

物語を進める上で、
一石を投じた、
函南くんの役割はそういうことだったと思う。

物語はよくまとまっていたと思います。
ただ、心に残る台詞がなかったかな。


他に印象的だったのは『雲』
雲が本当によかった。
2DでなくCGを使って表現しているので、
本当に空の中を進んでいる、飛んでいる感覚になれる。

画面のレイアウトや背景、光具合なども良い具合、
どの画面も美しいいい画になってます。

ただ、淡々と進む映画であること、と
押井監督特有の「ダレ場」があること
二時間を超えること

最後まで見れる人も限られるかも。。。

☆は3~4くらい。
でも、動画、脚本、演出、音楽など
よくまとまっており
押井監督の技量のレベルが高いことを
証明する作品だとも思います。
 

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ