レビュー一覧に戻る
ザ・シンプソンズ MOVIE
2007年12月15日公開

ザ・シンプソンズ MOVIE

THE SIMPSONS MOVIE

872007年12月15日公開

mim********

2.0

ネタバレやる気のない芸能人声優はいらない!(怒)

私がシンプソンズを観ていたのは子供の頃、 当時はまだ無料だったWOWWOWで放送されているの拝見したのがきっかけでした。 毎週楽しみにしていたシンプソンズ。 もちろんシンプソンズの日本語の声を15年間担当してきた声優陣に対する 私を含め日本のファンの馴染みは深く、 それ以上に、シンプソンファミリーの声を担当した声優陣にとっては ライフワークになっていると伺っております。 また、TVシリーズでは毎回素晴らしい声を聞かせてくれました。 しかし2007年。シンプソンズムービー公開に伴い、 ファン全員が激怒したというまさかの声優総入れ替え・・・。 ホーマー=所ジョージ マージ=和田アキ子 バート=ロンブー淳 リサ=ベッキー ふ・ざ・け・る・な!!(怒) では、100歩譲って新しいシンプソンズファミリーの声を 一から頑張って作るのですね・・・と思いきや、彼らのコメントを拝見して私は愕然としました。 「大変」「ギャラを上げてほしい」所ジョージ 「いい感じにくだらない」ベッキー 「レトロなんだけどもあたしたちの声がはいることによって最新になっていく」和田アキコ とてもシンプソンズシリーズを愛している、理解している 方々の発言だとは私には到底思えないんです。 そもそも10年以上シンプソンズの声を支えてきた声優に対する気遣いや尊敬が全く無い!! しかもギャラが安いって、 それより遥かに安いギャラで大平透はホーマーの声を10年以上やっとるんじゃい(怒)! しかも所ジョージの発言に至っては芸風なのかと思いきや、 アフレコ中にキレて本当に途中退室している経緯があるそうで、 やる気も無い上に仕事としても真っ当にやってないじゃないか!と思ってしまいます。 シンプソンズなめんな! そしてこの声優起用を企画した配給会社!! ファンなめんな!!! とはいっても私は決して昨今の日本のアニメ映画がプロの声優を起用しない事を 一から否定したいのではありません。 例えば昨今のジブリ映画が一般の役者を声優として起用することに公の見解を述べています。 それによると、元々アニメにはプロの声優というものは存在せず、役者が行うのが常だったそうです。 しかしTVアニメが発達することにより、予算の少ないコマ数の少ないアニメの情報量を補う手段として、 声優がプロ化した経緯があるそうです。 つまり声を張った声優らしいしゃべり方というのは主としてTVアニメ用に発達した声だということです。 なのでジブリ映画のように画面から得る情報量が多いアニメはむしろ実写に近い声が必要だと言う事で、 現在、アニメ映画に一般の役者が起用される経緯があるそうです。 しかしシンプソンズの場合、元々TVアニメとして発展した経緯があるのはもちろん、 画のタッチも非常にデフォルメされたものなので、やはりそこに一般の芸能人を起用する意味が見当たりません。 しいていうのであれば、 恐らくは話題づくりの為なのでしょうか。 しかしどうでしょうか?? 「和田アキコが声優やってる!よし、観にいくべ!!」 となるお客さんってあんまりいないと思うのですが・・・。 TVで話題に挙がるからなのでしょうか。 しかし、この映画のニュースが「アッコにおまかせ」で取り上げられた時 映画の内容には全く触れず、「淳の女関係をクリアにしたい」発言だけが取り上げられたのです。 決してこれら芸能人の方々が悪いとはいいません。 元々シンプソンズを好きじゃないのは結構。 仕方の無いことです。 本当に悪いのは、 ファンの思いを無視した配給会社の愛の無さ。 金儲けの為の一時的な話題づくりが後に大きな 損失を生むのではないでしょうか?? 最後に、本作劇場版で声優を外された一城みゆ希(マージ)のブログから引用。 シンプソンズ・ファミリーを愛して下さっている皆様へ。 マージです。 この度この様な事になってしまい、どのような言葉で私達ファミリーの思いを語ったらよいか、言葉がみつかりません。 そんな中 シンプソンズ・ファミリーを愛して下さっている沢山の皆様の激励のメッセージが、私達家族をどんなに勇気づけている事か。 皆様 心から感謝申し上げますm(__)m 有難う御座います。 一城みゆ希 NO MORE! 映画愛のない映画配給会社!!

閲覧数1,728