ここから本文です

マリと子犬の物語 (2007)

監督
猪股隆一
  • みたいムービー 347
  • みたログ 1,410

4.04 / 評価:756件

柴犬好きにはたまらない作品

  • xwh***** さん
  • 2019年7月14日 15時01分
  • 閲覧数 454
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

美しい風景の映像に引き込まれ、改めて永遠と思いがちな自然と平穏な生活の大切さ・難しについて考えさせられる映画でした。

柴犬好きにとっては、マリの仕草の1つ1つが、とても親しみをもてる映画だと思います。また、話をとおして、亮太やあやの成長も見られて、頼もしく感じ、いいと思いました。

残念だったのは最後のマリの登場シーン。ちょっと間がありすぎて、結末を予想できる時間を与えられてしまった感がありました。出演者の大人の演技も、やや過大なところが時々あり、観ている側にとっては、わかりやすくはありますが、微妙な感情の変化のようなものは、感じられませんでした。
唯一、宇津井健さんの演技で、話に深みが添えられていて、さすがだと思いました。

Amazon Prime videoで観ました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ