レビュー一覧に戻る
光の六つのしるし
2007年12月22日公開

光の六つのしるし

THE SEEKER: THE DARK IS RISING

992007年12月22日公開

hir********

2.0

ネタバレ狙いが散漫になってしまった

瞬間的に時空を超えながら戦うとか、光と闇の設定というのは面白いのだが、子供向けファンタジーを意識したせいか中途半端な印象が強い。 敵は強いのか弱いのかはっきりしないし、味方もあまり活躍せず印象が薄いので途中で一人やられてもインパクトを感じない。 妹が健気で可愛いくらいで、家族のキャラクターもはっきしない。 せっかく世界観は面白いのだから、ハリポタ的マーケット戦略から離れて、もっと闇の恐怖を強調すとか、思春期の少年の不安定な心にフォーカスするとかした方が、心に残る作品なったと思う。

閲覧数122