ここから本文です

光の六つのしるし (2007)

THE SEEKER: THE DARK IS RISING

監督
デヴィッド・L・カニンガム
  • みたいムービー 72
  • みたログ 213

2.70 / 評価:54件

原作ファンは見ないほうがいい

  • pontantan3 さん
  • 2009年6月14日 0時40分
  • 閲覧数 151
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

いきなり設定が現代になっててがっかりしました。

末っ子のウィルを双子にしてるし、姉のグウェンが妹になってて他の女きょうだいがいないし、師であるメリマンは一脇役で頼りないし…

もう少し原作に忠実であれば、うれしかったのですがね。
ほんとに子供なウィルが、戸惑いや試練のなかで、自分の中の「古老」を自覚し、たくましくなっていく姿は、短時間では表現できないんでしょうね。

ちょっとつめこみすぎてて、小さい子には不向きです。
うちの4歳の女の子は見ませんでしたね。
ハリポタは見てたのに。

流行にのっかって、とりあえず作ったようなファンタジーです。
原作を知らない大人がさらっと見ようかなというときにはいい映画でしょう。

私的には、前作の「コーンウォールの聖杯」を映画化したほうが良かったんじゃないかなって思いますね。
どちらにしても、短時間では無理ですが。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ