ここから本文です

光の六つのしるし (2007)

THE SEEKER: THE DARK IS RISING

監督
デヴィッド・L・カニンガム
  • みたいムービー 72
  • みたログ 213

2.70 / 評価:54件

やや唐突さ粗雑さ感じるも

  • gog***** さん
  • 2010年9月16日 18時45分
  • 閲覧数 610
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

 14歳の誕生日を迎えたばかりの少年ウィル。突然謎の超能力に目覚め、邪悪な闇の勢力を打ち滅ぼす光の勢力の力の源である六つのしるしを集めるシーカー(捜す者)となり、奮闘する姿を描くファンタジー映画。ショッピングモールで不思議なペンダントを手にした事から謎の超能力に目覚め始め、警備員がカラスとなって襲いかかってくる。食事会に誘ってきた伯父さん叔母さんは光の勢力の使者。馬に乗った闇の騎士が現れた時に助けてくれる。その後も六つのしるしを捜すためにタイムトラベルをしながら大冒険(簡単に見つかってしまうのが惜しい)。闇の勢力もじわじわ迫る。蛇の大群、猛吹雪、水攻め。ラストは闇の騎士との一騎打ち。そしてその後に待ち受けている驚きの展開。作りにやや唐突さ粗雑さ感じるも楽しめたファンタジー映画であった。それにしても最近ファンタジー映画を見過ぎててゲップの魔法が出そう・・・。   《追伸》bulc_tra_14167さん親父とミストを鑑賞とは凄いですね。もうちょっと良い映画を見んかいと突っ込みたくなるレビュー。自分も小学生の時親父とプレデターを鑑賞しました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ