レビュー一覧に戻る
光の六つのしるし
2007年12月22日公開

光の六つのしるし

THE SEEKER: THE DARK IS RISING

992007年12月22日公開

oce********

1.0

この映画には魔法がない

原作はファンタジーとしての骨格なのに、この映画自身には魔法の欠片も見当たらない。 いや実際魔法は登場するのだが、ハリーポッターやロードオブザリングに比べて想像力のなさが諸に見える。 タイトル通り6つのしるしを集めれば無敵になるという説明が回りくどい。 そのくせ細かい設定はちっとも伝わってこない。 それと主人公をはじめ魅力的なキャラがだれ一人いないというのは、ファンタジーの世界では致命的だ。 結果ライラやエラゴンと同じ道を歩むことになりました(笑)

閲覧数578