ここから本文です

光の六つのしるし (2007)

THE SEEKER: THE DARK IS RISING

監督
デヴィッド・L・カニンガム
  • みたいムービー 72
  • みたログ 213

2.70 / 評価:54件

この映画には魔法がない

  • オーウェン さん
  • 2016年11月30日 10時22分
  • 閲覧数 376
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

原作はファンタジーとしての骨格なのに、この映画自身には魔法の欠片も見当たらない。

いや実際魔法は登場するのだが、ハリーポッターやロードオブザリングに比べて想像力のなさが諸に見える。
タイトル通り6つのしるしを集めれば無敵になるという説明が回りくどい。

そのくせ細かい設定はちっとも伝わってこない。
それと主人公をはじめ魅力的なキャラがだれ一人いないというのは、ファンタジーの世界では致命的だ。

結果ライラやエラゴンと同じ道を歩むことになりました(笑)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ