ここから本文です

光の六つのしるし (2007)

THE SEEKER: THE DARK IS RISING

監督
デヴィッド・L・カニンガム
  • みたいムービー 72
  • みたログ 213

2.70 / 評価:54件

解説

人気作家スーザン・クーパーの壮大なファンタジー小説「闇の戦い」シリーズの第1巻を映画化。誕生日に不思議な能力に目覚めた少年が、闇の力から世界を守る“光の六つのしるし”を探して冒険を繰りひろげる。主人公ウィルに期待の新生アレクサンダー・ルドウィグがふんするほか、『タロットカード殺人事件』のイアン・マクシェーン、『28日後...』のクリストファー・エクルストンらが共演。時空を移動しながら冒険していく独創的な展開に魅了される。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

ウィル(アレクサンダー・ルドウィグ)の14歳の誕生日、突如“光”の者たちが現れ、ウィルが“闇”の支配から世界を守ることができる唯一の人物だと告げる。そのためには、異なる時代に散らばる木・青銅・鉄・水・火・石に分けられた “六つのしるし”を探さなくてはならない。自らの使命に目覚めたウィルに、闇の脅威が迫ってくる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ