2007年9月22日公開

ヴォイス・オブ・ヘドウィグ

FOLLOW MY VOICE: WITH THE MUSIC OF HEDWIG

1012007年9月22日公開
ヴォイス・オブ・ヘドウィグ
3.6

/ 13

31%
31%
23%
0%
15%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(5件)


  • kit********

    4.0

    青春と性差を超えていけ。

    この映画のレビューが一つもないのは意外でした。 大抵の紹介文には「ジェンダー」とか「ドキュメンタリー」とか書いてあって、 まあ、それはそのとおりなんだけど、まず、楽しい映画なのです。 少なくとも声高に何かを主張しているような映画ではありません。 基本的には、誰もが通る青春の軌跡に、 愉快な(そして、ちょっとスパイスの効いた)音楽を載せただけ、とも言えます。 確かに、彼らの青春は、人に比べて少し厳しいものがあるのかもしれません。 でも、そもそも青春時代ってのは、誰にとっても厄介なもの。 「人との違い」とか、「両親との確執」とか、 悩ましい事柄自体はは性的マイノリティであれ、ストレートであれ それほど、変わりはないのです── とか言ってるけど、確かに見る前は「特殊な人たちを見に行く」気持ち。 だから、あんまり偉そうなことはいえないのだけど、 この映画を見ているうちに、「ああ、あんまり変わんねえんだな」と思いました。 僕がこの映画でもっとも象徴的に思えたのは、 ある女の子(肉体的には♂)の笑顔でした。 両親に女の子っぽい服を捨てられたり、 髪の毛を伸ばすことを禁じられていた彼女が、 (これって、男である筆者に置き換えると、ある日突然、男物の服が全て捨てられ、  フリフリのお姫様ドレスばかりになるってことです。そんなん、グレますよ、普通に) この映画の舞台となる学校(性的マイノリティのための学校)の学園祭を前に、 華やかに着飾っていくのですが、 そのときの笑顔がなんというか、もう喜びに満ち溢れているのです。 彼女は自分が認められる場所にたどり着いたことで、 はじめて笑うことが出来た。 これって実はストレートであっても変わらないですよね。 人は自分が認められる居場所がなければ、どこまでも沈んでいきます。 そして、自分が認められる居場所を見つけたとき、 初めて心から笑えるし、輝くことが出来る。 彼女の笑顔は、その象徴なのです。 自分の居場所になんだか違和感を感じていたり、 まさに今、自分の居場所を探している方には、 (要するに、現在、青春のようなものをやっている方には) 強くオススメします。 ちょっと元気になれるよ。  端と壁の2つの間には たいして違いがない。  ど真ん中に私がいなけりゃ 何の意味もないのさ。               ──劇中歌「Tear Me Down」より

  • app********

    5.0

    すべての人に

    私は見終わって映画館を一歩でたら、すこしだけ世界が変わって見えました。 ゲイだから、ゲイではないから、そういうことではなく、 すべての人に見てほしいです。 見終わった後、あなたは何を思ったのか、そんな話をしたくて、 いろいろな人に勧めています。

  • mak********

    4.0

    I say, Why not?

    唯一の、大好きなミュージカル映画「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」の チャリティーアルバム制作の過程を、 ハーヴェイ・ミルク高校の生徒たちの生き方と絡めて描く、ドキュメンタリー作品。 Wicked Little Town , Hedwig's Lament , Wig In A Box , Origin Of Love ,,, 名曲たちが新たなアーティストにより歌われる様は、なかなかに感動的で、 Wicked Little Townなんかもー泣いちゃたよ。 人はひとり、孤独な2本足の生き物。だからこそ愛を求める、自分の片割れの、愛を。 セクシャリティが何だってんだぃ!みんな、愛し合おう!

  • BVLGARI BVLGARI

    3.0

    「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」

    「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」のトリビュートアルバム「ウィッグ・イン・ア・ボックス」のレコーディング風景と、ニューヨークにあるLGBTQの学校「ハーヴェイ・ミルク・ハイスクール」に通う若者達のドキュメンタリー。 アルバムの売り上げは学校へ贈るというものだ。 LGBTQの意味はイントロダクションにもあるが、 レズビアン(Lesbian):女性の同性愛者 ゲイ(Gay):特に男性の同性愛者 バイセクシャル(Bisexual):両性愛者 トランスセクシャル(Transsexual):性同一性障害者の中で、特に強く自己の性に対して不快感を覚え、外科的手術による解消の欲求が強い人。 クィア(Queer):同性愛者などを含むセクシュアルマイノリティーの総称。 の頭文字。 この作品の魅力は、やはりLGBTQのハーヴェイ・ミルク・ハイスクールの学生達です。 エンジェルは小さい頃から自分の性に違和感を持ち、女性として生活しながらも親の理解を得られない。 ラファエルは両親から長男として期待をされているが、普通高校でゲイであることからいじめを受けた。 レズビアンのテナジャは、同性愛は異常で不健康とされる宗教の中で育ち、まったく理解が得られない。そんな環境から抜け出して自立している。 一方でレズビアンのメイは16才で家族にカミングアウト。家族に理解されて、モデルとしてスカウトされ活躍している。 メガネをして素朴なイメージがあったメイがモデルという仕事をこなしていくとどんどん綺麗になっていくのがわかります。 主にこの4人に焦点を当てる構成で、レコーディング風景と交互に映し出されます。 メイは比較的恵まれた環境にいるものの、他の3人はいちばん愛されるべき存在の両親に理解を得ていません。 その事に対し、学校や監督のカメラの前では気丈に明るく振舞うのですが、ビデオ日記の中ではとても素直に悲しみを表していますね。 学校名ですが、1977年にアメリカで初めて自らがゲイであることを明らかにして選挙で選ばれたサンフランシスコ市の議員「ハーヴェイ・ミルク」から取ったもの。 議員は就任して1年足らずに、同市庁舎内で同僚の議員に市長とともに射殺された。 この事件の裁判で、撃った元議員はわずか7年8か月の禁固刑を宣告される。 評決は不服と激怒した同性愛者らがサンフランシスコで広範囲にわたる暴動を起こした。「ホワイト・ナイトの暴動」である。 ドキュメンタリー映画にもなったのでこちらにも興味がわくところです。 ところでオノ・ヨーコって歌上手いの?

  • ich********

    4.0

    音楽のちから

    「トランスジェンダー」の人たちこと、よく知らなかったので… この映画でまた少し考えるきっかけになります。 誰しも少しは持っている感覚なのかもしれません。 そして単純に、音楽の力ってやっぱりスバラシイなーって思います。 オノヨーコ久々に観ました…。 トリビュートアルバムも聴きたくなりました。

1 ページ/1 ページ中