ここから本文です

スパイラル・バイオレンス (2006)

BOSQUE DE SOMBRAS/THE BACKWOODS

監督
コルド・セラ
  • みたいムービー 9
  • みたログ 35

2.36 / 評価:11件

良かれと思ってやったのに…

  • purepuresan さん
  • 2008年3月5日 11時39分
  • 閲覧数 778
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

暴力が暴力を生む=スパイラル・バイオレンス
まさにその通りだと思う。
初めは暴力を認めていなかった主人公が妻のレイプを
きっかけにキレていく。
気弱な人間が暴力の強さをしってしまうほど怖いものはない。
しかも自分が正しいと思っているからタチが悪い。
でも最後に助けた少女は彼ではなく、監禁した父親へ助けをもとめる。
この時主人公は自分が間違っていたことに気付く。
たぶん、誰でも、追いつめられたらきれい事なんてなくなっちゃう
んだろうな、って考えさせられる内容でした。

パッケージ見るとゲリオが主役のように見えますが、違います。
でも、彼(ゲリオ)が正義感を出さなければ、こんな悲劇は
起こらなかったんじゃないの…?

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • パニック
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ