2008年1月12日公開

ジェシー・ジェームズの暗殺

THE ASSASSINATION OF JESSE JAMES BY THE COWARD ROBERT FORD

PG121602008年1月12日公開
ジェシー・ジェームズの暗殺
3.2

/ 534

13%
27%
37%
15%
7%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

悪名高きアウトローとして数々の犯罪に手を染め、法をあざけり、自分自身のルールで生きてきたジェシー・ジェームズ(ブラッド・ピット)。理想に燃える野心家の若者ロバート・フォード(ケイシー・アフレック)は、そんなジェシーの仲間になれたことを心から喜んでいたが、思わぬ事態が彼らを待ち受ける。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(218件)

切ない18.2%悲しい13.7%かっこいい13.3%恐怖11.2%絶望的10.8%

  • shi********

    3.0

    演技力が試されてる…?

    各々の俳優が追い詰められてしまった精神的な不安感を見事な演技力で表現してる。 ブラピの仲間に対する疑心暗鬼の表情や試す時の仕草、裏切りの確信を持った時の切り替わりの目の表現力などはさすがだと言わざるを得ない。 その他の俳優陣も良い演技をしてると思う。 特にチャーリー役の個性派俳優サム・ロックウェルの演技はなかなかのもの。 いろんな作品で変わった存在の役柄を演じているけど、どれもこれも特異な存在感を出せるとても実力のある俳優だと思う。 とても好きな俳優さんだ。 ただ主人公のロブ役のケイシー・アフレックの表現力というか表情力の無さには少し残念感が残ってしまう。 20歳という若者という役柄から「はにかんだ」若者を貫いたのかもしれないがやはりまだまだもの足りない。 物語としては盛り上がらない話だけど、俳優陣の演技を見るのは楽しい作品。 金や悪で繋がる仲間は、所詮、信用できない。金が無くなれば裏切り、自分がヤバくなれば関係を切る…。 悪いことと自覚しながらやっているんだから、捕まる奴がマヌケなんだよという発想。 裏切り裏切られる世界が当たり前。悪い奴の世界では何をしてでも勝つ奴が一番偉いんだから…。 俺みたいな人間は、そんな世界じゃ安心して生きていけない。やっぱり真面目が一番。(笑)

  • tom********

    1.0

    長い退屈、観るのが苦痛だった

    西部劇好きなのでジェシー・ジェームズのことは知ってたけど、もっと知りたくて観ました。まぁしかし列車強盗からが退屈なこと・・。西部劇の悪党をダークヒーローみたいに描く本が当時はあったようだね。西部劇でたまにある光景だ。その悪党に憧れるバカw本作はそのバカが中心と言っても良い。当時の政治家や役人も悪党も多々いて、社会的な弱者が反社会的な悪党に憧れを抱くのかもしれない。 この作品を観るより、ジェシー・ジェイムズをウィキペディア(Wikipedia)で読んだ方が遥かに良いでしょう。

  • mas********

    1.0

    ジェシー・ジェームズの暗殺

    つまらなかった。2時間40分を浪費した。

  • kat********

    3.0

    ブラピの空気感が良い♪

    監督は、「ジャッキー・コーガン」(2012年)でもブラピを使ったアンドリュー・ドミニク。 それより製作にトニー・スコット 、リドリー・スコット が居て驚きました。 加えて主演のブラッド・ピットも参画してます。 西部劇を観てると度々出て来るジェシー・ジェームズの名前。 実在の人物で、本作は、ジェームズ兄弟の弟を中心に話が作られています。 ジェームズ兄弟の事が少しでも知りたい方やブラピファンの方にオススメします。 簡単に殺人が行われるので家族で観るのはヤメといて下さい。

  • beautiful_japan_

    4.0

    前半は★★、後半は★★★★★

    アメリカ合衆国の西部開拓時代に実在した無法者ジェシー・ジェイムズの物語。 銀行強盗といえばジェシー・ジェイムズ、列車強盗といえばジェシー・ジェイムズと言われるくらい有名な人物で、彼を主人公とした映画やTVドラマは多い。 本作は、前半(1時間半)と後半(1時間)で雰囲気がまったく異なる。 前半は、下ネタや下品なセリフが多い。人間関係が複雑で、それぞれのエピソードがよく理解できない。ジェシー・ジェイムズの冷酷さ、残忍さはよく分かるが、見ていて気分が悪くなる。影の主役であるボブが、本名のロバート・フォードで呼ばれたり、愛称のボブで呼ばれたりして、最初はよく分からない。ボブの表情や態度も風変わりで暗い印象を受ける。 後半は、ストーリー展開が一気に分かりやすくなる。人間関係がスッキリし、それぞれの心理描写も良い。ジェシー・ジェイムズ暗殺以降のボブの苦悩も理解しやすい。 アメリカ中西部の自然は美しく、音楽も良い。 前半のエピソードをもう少しコンパクトにできたら、名作になっていたと思う。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


受賞歴

ヴェネチア国際映画祭第64回

男優賞

基本情報


タイトル
ジェシー・ジェームズの暗殺

原題
THE ASSASSINATION OF JESSE JAMES BY THE COWARD ROBERT FORD

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日