ここから本文です

ダイアリー・オブ・ザ・デッド (2007)

DIARY OF THE DEAD

監督
ジョージ・A・ロメロ
  • みたいムービー 120
  • みたログ 838

2.83 / 評価:376件

解説

ゾンビ映画の第一人者であるジョージ・A・ロメロ監督による究極のサバイバル映画。ホラー映画を制作中の学生たちが、突然よみがえった死者に襲われるという危機的状況下でも、カメラを回し続ける様子を臨場感あふれるビデオ映像で見せる。かたくなにカメラを手放さない青年を演じたのは『エミリー・ローズ』のジョシュア・クローズ。手持ちカメラが写した、次々と迫り来るゾンビたちの猛攻から必死で逃げ惑う人々の混乱と、悲痛の叫びに戦慄(せんりつ)を覚える。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

ジェイソン(ジョシュア・クローズ)は、ペンシルバニアの山中で夜中に仲間たちと卒業制作のホラー映画を撮影していた。そこで各地で死者がよみがえっているというニュースをラジオで聞きつけた彼らは、急きょ寮へと駆けつける。そして恋人デブラ(ミシェル・モーガン)を無事に発見したジェイソンは、仲間たちとトレーラーで一路家路を目指すが……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

映画レポート

(C) 2007 George A.Romero's Diary of the Dead,LLC.All Rights Reserved.
(C) 2007 George A.Romero's Diary of the Dead,LLC.All Rights Reserved.

「ダイアリー・オブ・ザ・デッド」現実世界にもネット上にも溢れかえる“死”の記録、その衝撃と絶望!

 前作「ランド・オブ・ザ・デッド」で久々の復活を遂げたジョージ・A・ロメロだが、次はフェイク・ドキュメンタリー形式でゾンビを撮るらしいと聞いたときは「えっ、ロメロにそんな器用なことができるのか?」と思ったものだ。ところが冒頭、TVクルーの取材カメラ目線による長回しの死者の甦りシーンを目のあたりにして不安は一掃。一人称視点ならではの“偶然、恐ろしいものを撮ってしまった”臨場感のこもったオープニングにぞくりと鳥肌が立つ。

 街でのゾンビ発生のニュースを耳にした映画学科の学生たちが、キャンピング・カーに乗り込んで繰り広げる命懸けの撮影日記。いかなる非常事態にもカメラを手放さない主人公ジェイソンは、自前のゾンビの映像をYouTubeで公開していく。すると凄まじい数のアクセスが殺到し、我も我もと世界中から最新の衝撃動画がアップされてくる。甦る死者の数に負けじと、ネット上に溢れかえる“死”の記録。この野心作はゾンビ映画という古典的なジャンルに新たなエネルギーを注入したばかりか、鋭い知性と現代性に満ちている。

 心肺蘇生用の電気ショックをゾンビにお見舞いするシーンなどスリル、ユーモア、皮肉も満載で、「ランド・オブ・ザ・デッド」とはひと桁違う低予算映画とは思えない充実の仕上がり。そして40年前から揺るぎないロメロの社会批評が、いっそうリアルに迫ってくるラストの絶望感の深さもただごとではない。“死の夜明け”から“世界の終わり”までを、わずか90分余りで描き上げた驚くべき一作であった。(高橋諭治)

映画.com(外部リンク)

2008年11月13日 更新

本文はここま>
でです このページの先頭へ