2007年9月1日公開

レストレス~中天~

THE RESTLESS

1052007年9月1日公開
レストレス~中天~
2.8

/ 27

11%
19%
33%
11%
26%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

新羅時代終盤の924年、最愛の女性を失ったクァク(チョン・ウソン)は、魔術と武術で悪霊を退散させる部隊に入隊する。数年後、彼は隊長に就任するものの部隊は貴族によって壊滅させられる。1人生き残ったクァクは偶然霊魂が49日間とどまる“中天”に足を踏み入れ、亡くなった恋人とうり二つのソファ(キム・テヒ)と出会う。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(17件)

勇敢9.8%不気味9.8%絶望的9.8%ファンタジー9.8%ロマンチック9.8%

  • oir********

    4.0

    死後世界におけるファンタジック韓国時代劇

    現代劇であれ時代劇であれ韓流パターンにちょっと食傷気味という心境なので、本作品も正直それほど期待はなかった。 しかし、中世新羅の死後世界(中天というらしい)における善と悪の抗争及びラブロマンス。という設定にオッ!と好奇心が呼び覚まされる。 ストーリーは少しついていけない部分もあったけれど、大体は雰囲気で分かるので大らか気分で見流し、セットや衣装、もちろん主役カップルの美形ぶりなどビジュアル面も堪能しつつエンタメとして結構楽しめてしまった。 レビュー的には平均点は低いようだが、個人的にそこそこ充実できたのだからそれでいい。 3.9の四つ星

  • hik********

    1.0

    時間とお金の無駄

    韓流シネマフェスティバル2007で上映されたので観ましたが、今まで観た映画の中で一番わけがわかりませんでした。セットや美術は素晴らしいのにもったいない作品だと思いました。俳優さん達で観る作品を選ぶとこういうことになってしまうのですね。 観賞後、お金がもったいなかったと後悔しましたが、それも後の祭り。5枚綴り回数券1500円×5枚=7500円を購入していたので他に卑劣な街、ミスターロビンの口説き方、甘く殺伐とした恋人、ウォンタクの天使などを観てもっともっと後悔するハメになりました。どれひとつ大した作品ではなく気分を非常に悪くして帰宅した苦い思い出があります。 ワウワウもシネマートも信用出来ないなと学習しそれ以来ツタヤのお店に行って自分で選択するようになりました。

  • oji********

    3.0

    『無影剣』には負けるけど

    あまり好きなパッケージでなかったので借りるのが今になってしまいました。昨夜から『ホステル』『ホステル2』『タワーリングインフェルノ08』『デス・プルーフ』『伝染歌』ときて本作が最後の登場となりました。私の大好きなハッピーエンドにはならなかったが、ワイヤーアクションとCGそして綺麗な映像、『無影剣』には負けますが、『スパイダーマン2』の敵のような、背中から出る刃の付いた触手、アレ好きやなぁ。

  • oky********

    5.0

    おもしろい

    よかった

  • bac********

    3.0

    純愛

    この映画も純愛を描いている。 西洋の映画は現実的直接表現だが、アジア映画は回りくどく説教くさい。 クァクもちょっと女々しい感じ。 敵方の兄弟の武器、背中から銛の付いた何本もの鋼鉄ワイヤーを自在に操るなんざ、「スパイダーマン2」から持ってきたのか。 また最後に敵方館に乗り込んで多勢の漢をバッタバッタと切り倒すシーンは、なにかのゲーム感覚だなと思ってしまう。 アクションシーンは見応えあり。よく出来てる。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
レストレス~中天~

原題
THE RESTLESS

上映時間

製作国
韓国

製作年度

公開日