ソウルウェディング~花嫁はギャングスター3~
3.3

/ 23

26%
17%
35%
9%
13%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(16件)


  • oce********

    3.0

    主役交代は正解

    もはや邦題に何の意味もないシリーズになったが、中国からやってきた組長に韓国の組が振りまわれるという構図。 仕える3人組の子分と、言語が通じないため通訳の女性を連れてくる。 当然女が強いとは知らない子分どもは、後々その力を知ることになる。このズレが笑いを生んでいる。 特に主役が前2作からスー・チーに交代したのが功を奏した。 アクションもいけるし、終始仏頂面も悪くない。 最後にしてようやくまともなつくりになったか。

  • いやま えいこ

    5.0

    兎に角面白くて、大笑いしました。

    ソウルウエディング・花嫁はギャングスター、3. 監督:チョ・ジンギュ 出演:イ・ボムス、スー・チー、オ・ジホ、ヒョ二ョン ☆この映画本当に面白かったです!  花嫁はギャングスターのシリーズ3作目ですが・・  花嫁が香港マフィア会長の娘の設定になてて、  花嫁がスー・チーさん中国語だけを話します。  韓国へ、スー・チーさんがお母さんを探しにくる設定で、  韓国での接待役になったのがイ・ボムスさんのチンピラヤクザ。  3人組の気の良いチンピラヤクザのドタバタぶりが面白くて・・  その中で、香港マフィアの抗争に巻き込まれるスー・チーさんのアクションが凄い迫力です!  コミカルな演技と緊迫したアクションが交錯して・・ハラハラドキドキそして大笑いでした。  ☆2人が言葉が通じなくて、通訳が間に入るのですが・・  通訳の訳し方が主観が入っていて・・話しの内容まで面白く変わってしまいます・・  言葉の壁を上手く利用して、もっと面白くなっています。

  • suz********

    3.0

    あ!やっぱり!トランスポーターの人だぁ!

    韓国映画を見るときのポイント ルールNo,1(トランスポーター風) ゲロやトイレのシーンなどがあるのでお菓子はほどほどに。 ルールNo,2 パッケージと内容がまったく違う場合がありますが気にせず楽しみましょう。 ルールNo,3 劇中ラーメンを食べるシーンが多く、見終わると必ず ラーメン食べたくなります。自宅にラーメンがあるか確認してから見ましょう。 ルールNo,4 えっと。。。。。。。。。。 さてさて、この映画。 パッケージはいかにもギャング映画! が!しかし!内容は学園ドラマ級なノリのアクションコメディ! いやぁ~おもいっきり騙された^^(いい意味で) ヒロインの女性を見て、あれ?この人どっかで見たことある? 誰だっけ!?あ!「トランスポーター」の子かぁ! そう、この映画。主役は中国人のスーチーなんですよ。 映画がはじまると、あれ?中国語?間違えて中国映画借りちゃったかな?? 大丈夫!前半とラストは中国が舞台ですが、 本編はしっかり韓国映画です。 舞台が韓国に変わりいよいよイ・ボムス登場! スーチーとイ・ボムスの会話が中国語と韓国語入り混じりで見てて(聴いていて) 少し混乱します。 と、そこに通訳登場!出たました。현영(ヒョニョン)! 韓国映画ではちょい役が多い彼女ですが本作ではかなり活躍してましたね。 正直、主役のスーチーよりヒョニン見たさで借りました。 いやぁ~~~~~~~~!ヒョニョン可愛い!スーチーより可愛いっす! あの特徴のある話し方がなんともいえないっすね。 この映画、他のレビューにもありますがヒョニョンの通訳(あやまった) が一番の見せ場です。 ストーリーはあってないような映画ですがアクションシーンと下ネタ(軽い) 通訳のネタは最高におもしろいです。 コメディ好きにはおすすめです!!

  • mn2********

    5.0

    これはおもしろい

    韓流フェスタ10作目。この映画、深いものは全然ありませんが、思い切り楽しかったです。かなり上等な娯楽映画です。 ギャング・コメディとでも言うのでしょうか。 最初はやたらと緊迫感のある剣舞のシーン。この映画は、これからどんな展開になるのか戸惑いがありました。それが「通訳」が出る頃から笑えます。 一番笑ってしまったのが、スピード感求められるカーチェイス。坂道の階段を、一気に車で駆け下りねばならないのですが。あそこで下ネタふってくるとは思いませんでした。思わず、本気で笑ってました。さすが韓国映画です。何があるか展開はまったく読めません。 ラストシーン、本当にかっこいい。昔の東映のヤクザ映画って感じです(「仁義なき戦い」前のです)。悪いヤクザの所に、一人主人公乗り込み、大太刀回り。悪い奴らをバッタバッタとやっつけていきます。スカッとしました。 でも、この映画の面白いところ、それだけではないのです。 過去のイメージの男と女を見事に逆転させているのです。強い女性の映画はありますが、この映画、強い女性と弱い男性が対比してます。 通訳の女性、最初オドオドしてますが、強い女性を味方につけることで、驚くほど強くなります。それに反比例して、最初強く出ていた男たちが、屈折し、弱くなっていきます。人間喜劇です。 それでも男と女。最後は、ハッピーエンドで終わります。 儒教の国、韓国女性も強くなってるって思いました。 映画って面白いですね。

  • tib********

    4.0

    面白し!!

    イボムスの作品めぐりで拝見 タイトルからして期待してなかったせいもあり 予想以上に面白かった☆ イボムスの演技最高! ありがとうございました☆

  • HAEMI

    5.0

    通訳の意訳に思わず笑いが

    アクションとラブコメディ、面白かったです。 通訳にきた女の子がやくざに脅かされてびびりながら、それでも通訳をするのだけどこれが意訳というか誤訳というか、自分で勝手につくって説明しまっているのだけどそれでも何となく話が流れていくのだから面白くって爆笑です。ある意味では通訳者の醍醐味でありましょう。 中国人の美人女性アレン(おまけに武道の達人)と、頭も背もたりない勘違い男ギチョル(やくざだけどあまり強くない)のやりとりにもかなり笑えます。けれど、気がつくとそんな駄目男を応援している私がいました。 まるで取り柄のない彼にあるものはあついハート?男気とでもいいましょうか。 付け焼き刃の優しさでないというのは、ギチョルの家族を見ればわかります。ほっとするような素朴な家庭で育ったということが彼の最大の財産ではないでしょうか。 見た目とか学歴とかで結婚相手を選ぶのが普通ですが、目に見えないところに相手の魅力があるんですねぇ。婚活してるお嬢さん方におしえてあげたいものです。 いちばん印象の強かったのは、ギチョルの父親とアレンとの会話。 はじめて会った相手と、しかもまるで言葉が通じないのに、あれほどお互いの言いたいことを表せるなんて。地面に書かれた一文字と表情で完璧に会話してる!!!。 誤訳だらけのこの映画の中で、このシーンが一番意味が伝わっているというのは、言葉がいかに無力な物かということかもしれません。 アレン役の女性が実にかっこよかった。急ブレーキにもびくともせず後部座席でハイヒールの足を組んでる出だしから感嘆。最後まで強くて美しい彼女に女性の私も惚れました。

  • サー坊

    4.0

    ネタバレスー・チー最強!!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • sai********

    1.0

    完全にすべっている

    第3段・・・しつこいだけ。こけている。

  • bar********

    3.0

    コメディ(笑)

    軽~いタッチのアクションかなと思い見ましたが、完全なコメディですね!!DVDレンタルで見たのですが、ぜひ字幕で見てください。主人公の二人が中国人と韓国人なので言葉が通じず会話が全くかみ合わないけど、そこがものすごく面白い(笑) 通訳の女の子の会話の変換がとっても可笑しくて、前半はこれで笑わせてもらいました。 後半になってアクションシーンも出てきて、スー・チーちゃんの強さ&カッコ良さも垣間見れました。 『花嫁は・・』と言うだけあって、女子のほうが断然強いです。 ものすごく強いわけでもなく、ものすごくカッコいいわけでもなく、常に3枚目半な感じだけど優しくて、守りたいものを一生懸命守ろうとするギチョルにはアレンちゃんじゃなくても女の子は惹かれるかも。どちらかというとラブコメという感じで楽しめました。 それにしてもスー・チーちゃんはものすっごい美人て感じではないけど、魅力のある女優さんだなぁ。あのスラリとした手足とアゴのラインは本当にうらやましいっす。

  • ice********

    2.0

    別もの

     前回の二作とは内容もキャストも別もの。  前の作品が気に入っている人は、あまり期待しないほうがいい。  スー・チーのアクションはまあまあだけど、香港映画を観る感覚だと少しアクション度が低い。スー・チーはセリフもあまりなくしゃべらないイメージ。  韓国と中国が混ざった映画。  スー・チーは好きなほうなので、ファンなら観るだけで満足できる映画だと思う。

  • kud********

    1.0

    ギャング

    花嫁のギャングぶりを痛快に描いた意欲作第3段!!はっきりいってネタ切れじゃないかと思うほど悲しい作品でした。

  • oky********

    5.0

    いつか来る嵐(荒らし)の備えの為に

    備え有れば、憂い無し!

  • pig********

    4.0

    まぁ、面白いね

    舒淇が主演なので購入しましたw しかし、笑える映画です。少し泣けるところもあったけど 笑える要素がありすぎで面白かったwww アクションはナイフアクションがほとんどだったけど、 舒淇が可愛かった☆ ジャケット写真のタトゥーが入った舒淇が見れると思ったけど そんなシーンはなかったなぁ~。 全体的にコメディー要素が高い作品でしたねw

  • oji********

    2.0

    路線を変えてきたな

    花嫁シリーズもこれで3作目、今回はかなりコメディー色が強いねぇ、まぁ同じパターンで3回来られても飽きるしね、前2作のシン・ウンギョン、とても強くてカッコ良かったけどショートカットでボーイッシュな感じが強く、あまり好きではなかった、が本作のスー・チーは好きです、特に目の離れているところなんかが、今回はアクションが少なかったので残念ですが、また『クローサー』のような華麗に舞う作品を見てみたいです。あとあの通訳の子、何故か気になりますな。

  • bac********

    3.0

    ギリギリ、セーフ

    前2作とのストーリーの繋がりはないし、中盤までコメディだし、映像もテレビ映画のように浅い。スー・チー出演だけど、題名パクリの失敗作かなと思っていた。 だが中盤以降、俄然面白くなってくる。全体としてギリギリ、セーフ。 アクションと恋の駆け引きが程好くミックスされてる。 スー・チーも可愛いだけの女優を脱して、貫禄のようなものを漂わせ始めている。

  • kamiya

    1.0

    くそ映画認定

    D級クラスのくそ映画ですね。評価する価値もありませんが、工作員ががんばってるようなので。

1 ページ/1 ページ中