レビュー一覧に戻る
ウォーター・ホース
2008年2月1日公開

ウォーター・ホース

THE WATER HORSE: LEGEND OF THE DEEP

1122008年2月1日公開

per********

3.0

すべてが半端な凡作。のび太の圧勝

【観た理由】 ストーリー紹介をみると、いかにも ありきたりな内容の匂いがするのだが、 もしかしたら凄い感動的かもしれない と期待して観た。 【結論】 やっぱり、可もなく不可もなく。 ごくありきたりの普通の映画だった。 ◆CGがすごいか? 『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズで アカデミー賞を受賞したスタッフが・・ といっても、特にCGが凄いわけでもない。 数年前に作られたLOTRの方がはるかに上。 ◆ドラマが面白いか? キャラ設定が全員半端。 誰一人キャラが立ってない。 唯一何かありそうだった大尉も わけもなく単なる善い人で終わってるし。 みんなと並んで笑うな、こら。 おまえ悪役じゃなかったのか。 エピソードもすべて半端。 細切れに出てくるシーンが すべて投げっぱなしで 尻切れで終わる。 例えば、お姉ちゃんが若い兵隊に 色目を使うシーン。 その後何もないまま終わる。 色目使うならエッチしろ、こら。 ◆感動して泣けるか? 動物ものっていうだけで、 少々陳腐でも一通り泣けるものなのだが、 ストーリーが半端すぎて 涙ぐむ場面すらもなかった。 決して悪いわけではなく、 普通に面白いんだが、 多くの人の指摘とおり 『のび太の恐竜』の方がはるかに感動的だ。

閲覧数392