ディテンション

THE GRAVEDANCERS

-
ディテンション
3.1

/ 11

9%
27%
36%
18%
9%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(8件)

不気味27.8%恐怖16.7%勇敢11.1%パニック11.1%絶望的11.1%

  • ej2********

    5.0

    弁護士リンカーン兄貴

    プリズンブレイクを全部観た私的には、弁護士はガラじゃない気がするが、ドミニクを全然知らない人が観たら違和感無いのかね?(笑)それはともかく、声がリンカーンなのでファンにはオススメです。ホラーによくあるエロシーンが無いのが不思議でした。私はドミニク好きなんで甘く☆5ですが、ホラーとしては、なかなか怖いです。『てか後ろになんか居る~』みたいな。何気なく居たりして怖い。ま、とりあえず酒呑んでテンション上がっても墓場で踊ったりしたらダメですね。暇潰しに期待せず観たら良いと思います。オススメです。

  • emi********

    2.0

    B級なホラー

    原題は「墓場で踊る人」。これを知っていたら見なかった。プリズンブレイクのドミニク・パーセルもこんな作品に出るんだ…とある意味興味深いです。ホラーですが、見ようによっては笑えます。サスペンスではないですね。脱力しました。

  • moc********

    4.0

    流石マイク・メンデス

    友人の葬儀の為に久しぶりに集まったハリスら三人は深夜の墓地に忍び込み別れの酒盛りをする。その途中、見つけた手紙に書いてある通りに墓の上でダンスを踊った三人だったがその日以来奇妙な現象が起こるようになる・・・というストーリー。 「プリズンブレイク」の兄貴ことドミニク・パーセル主演のサスペンスホラー。監督が「殺人狂」や「ザ・コンベント」のマイク・メンデスという事で何時ものおバカなB級ノリを期待して鑑賞しました。 前半は結構正統派な展開で、閉めたはずのドアが開いていたり、不審な物音や声が聞こえたりといった地味な展開が続くのでちょっと退屈しましたがチェッキー・カリョ演じる超常現象研究家が登場してから面白くなってきます。この研究家の絶妙な胡散臭さがイイですね。これ以降怪奇現象もドンドン派手になって行き、後半は「TATARI]を彷彿させる閉鎖された屋敷の中でのサバイバルになって行きます。 登場する三人の悪霊たちは生前殺人犯や異常者で一人一人キャラが立っているのがイイですね。どいつも登場する時の顔のインパクトが高いのもイイです。特に放火癖の子供の霊の顔は笑ってしまいました。しかしマウント取ってボコボコにして来る霊は初めて見た(笑)最後に地面からデカイ顔や手が出てくるバカっぽさは最高です(笑) 超常現象研究家は役立たずで終わるかと思ったら最後の最後に一番オイシイ所を持っていきましたね(笑) 前半はちょっと地味で退屈ですが後半に行くにつれてメンデス監督らしいおバカB級ノリになって行って非常に楽しめました。 B級ホラーが好きな人にオススメの作品です。

  • woo********

    4.0

    やっちゃった~、夜中に見ちゃったのだ~

    分からない、予習なし。 プリズンのお兄ちゃん主演だから・・それだけで借りた。 あー、見始めたら、思いっきりオカルト!お化け!心霊!じゃん! 途中でやめると、続きが夢の中に出てきそうだから・・・ 見たよ!一気に。 解決させなくちゃね。 なんとまあ、葬式帰りに酔っ払って墓場で踊り狂った三人が 三体の霊に祟られるわけだが・・ (一人ひとり、担当があるんだ・・笑・・1人一体づつの墓の前で遊んだから) それがまた 彼らがあそんだ墓場は、いや~な場所でね。 生前に大罪を犯した重罪犯が埋葬されているハミダシのシマだったんだ。 悪霊の生前の正体???人分↓ ?・・家庭思いでよく出来た人間。職業は判事。 その実態は、本当は極悪非道冷血残酷なサディスト。 死後、彼の家の地下から血や肉だらけの何人もの女性犠牲者の爪あとが・・ ?・・妻のいる男と恋仲になったが、もつれて・・ 男も妻もオノで惨殺したピアニストの、独占欲大女 ?・・まだ児童・・だが火遊びが心から大好きな放火魔。 再三に渡り、家に火をつけた経験あり。 しまいには、大火事を出し家族5人皆殺し。 悪意ありと、重罪犯墓場送り。 気が狂うほど乱暴な霊たちの呪いは 専門化いわく 「眠りを妨げられた」からって。 「次の満月まで続く。その頃には3人は殺されている」だって・・ 重罪犯は、死んでも乱暴だね。 勝手なもんだよ。 心霊専門家が、呪いを解くために頑張ってくれるんだけど、 致命的なミスを犯してしまったために さらに大惨事を招く。 ピアニスト女の霊は、足の「甲」で流れるように歩くから・・(☆_◎;) ちょっとガン見は出来ないが、 拷問大好き判事の霊は、実写版リュークみたいで笑える。 放火魔児童は、そんなに出てこないから怖くない。 ピアニスト女が出てきたときだけ気をつければ、 結構、夜でも平気かも。 13日の金曜日チックに締めてくれたラストは 結構スキ・・ あ、ちなみに呪われた側の女性、名前は「キラ」 すごい綺麗な人☆

  • has********

    3.0

    ホラーじゃなくサスペンス

    オカルト系かとおもったらサスペンスだった。ホラー要素もちょっとは入ってるけど、全体的にサスペンスだと思った。でも終盤は思いっきりホラーだった。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ディテンション

原題
THE GRAVEDANCERS

上映時間
-

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-