レビュー一覧に戻る
ディテンション

ディテンション

THE GRAVEDANCERS

-

woo********

4.0

やっちゃった~、夜中に見ちゃったのだ~

分からない、予習なし。 プリズンのお兄ちゃん主演だから・・それだけで借りた。 あー、見始めたら、思いっきりオカルト!お化け!心霊!じゃん! 途中でやめると、続きが夢の中に出てきそうだから・・・ 見たよ!一気に。 解決させなくちゃね。 なんとまあ、葬式帰りに酔っ払って墓場で踊り狂った三人が 三体の霊に祟られるわけだが・・ (一人ひとり、担当があるんだ・・笑・・1人一体づつの墓の前で遊んだから) それがまた 彼らがあそんだ墓場は、いや~な場所でね。 生前に大罪を犯した重罪犯が埋葬されているハミダシのシマだったんだ。 悪霊の生前の正体???人分↓ ?・・家庭思いでよく出来た人間。職業は判事。 その実態は、本当は極悪非道冷血残酷なサディスト。 死後、彼の家の地下から血や肉だらけの何人もの女性犠牲者の爪あとが・・ ?・・妻のいる男と恋仲になったが、もつれて・・ 男も妻もオノで惨殺したピアニストの、独占欲大女 ?・・まだ児童・・だが火遊びが心から大好きな放火魔。 再三に渡り、家に火をつけた経験あり。 しまいには、大火事を出し家族5人皆殺し。 悪意ありと、重罪犯墓場送り。 気が狂うほど乱暴な霊たちの呪いは 専門化いわく 「眠りを妨げられた」からって。 「次の満月まで続く。その頃には3人は殺されている」だって・・ 重罪犯は、死んでも乱暴だね。 勝手なもんだよ。 心霊専門家が、呪いを解くために頑張ってくれるんだけど、 致命的なミスを犯してしまったために さらに大惨事を招く。 ピアニスト女の霊は、足の「甲」で流れるように歩くから・・(☆_◎;) ちょっとガン見は出来ないが、 拷問大好き判事の霊は、実写版リュークみたいで笑える。 放火魔児童は、そんなに出てこないから怖くない。 ピアニスト女が出てきたときだけ気をつければ、 結構、夜でも平気かも。 13日の金曜日チックに締めてくれたラストは 結構スキ・・ あ、ちなみに呪われた側の女性、名前は「キラ」 すごい綺麗な人☆

閲覧数465