レビュー一覧に戻る
ディテンション

ディテンション

THE GRAVEDANCERS

-

moc********

4.0

流石マイク・メンデス

友人の葬儀の為に久しぶりに集まったハリスら三人は深夜の墓地に忍び込み別れの酒盛りをする。その途中、見つけた手紙に書いてある通りに墓の上でダンスを踊った三人だったがその日以来奇妙な現象が起こるようになる・・・というストーリー。 「プリズンブレイク」の兄貴ことドミニク・パーセル主演のサスペンスホラー。監督が「殺人狂」や「ザ・コンベント」のマイク・メンデスという事で何時ものおバカなB級ノリを期待して鑑賞しました。 前半は結構正統派な展開で、閉めたはずのドアが開いていたり、不審な物音や声が聞こえたりといった地味な展開が続くのでちょっと退屈しましたがチェッキー・カリョ演じる超常現象研究家が登場してから面白くなってきます。この研究家の絶妙な胡散臭さがイイですね。これ以降怪奇現象もドンドン派手になって行き、後半は「TATARI]を彷彿させる閉鎖された屋敷の中でのサバイバルになって行きます。 登場する三人の悪霊たちは生前殺人犯や異常者で一人一人キャラが立っているのがイイですね。どいつも登場する時の顔のインパクトが高いのもイイです。特に放火癖の子供の霊の顔は笑ってしまいました。しかしマウント取ってボコボコにして来る霊は初めて見た(笑)最後に地面からデカイ顔や手が出てくるバカっぽさは最高です(笑) 超常現象研究家は役立たずで終わるかと思ったら最後の最後に一番オイシイ所を持っていきましたね(笑) 前半はちょっと地味で退屈ですが後半に行くにつれてメンデス監督らしいおバカB級ノリになって行って非常に楽しめました。 B級ホラーが好きな人にオススメの作品です。

閲覧数826