2007年10月13日公開

0093 女王陛下の草刈正雄

882007年10月13日公開
0093 女王陛下の草刈正雄
3.9

/ 62

34%
40%
15%
5%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(49件)


  • man********

    5.0

    続編作って欲しい

    草刈正雄が最初からエンディングまで、あのかっこいいおじさんのままでギャグをやっていた。 しかも、本人は主題歌まで歌い、下手な演技で愛娘と堂々競演。 ストーリーは、あの007のパロディですから当然先は読めます。 そして、ギャグも読めるんです、確かに。 いや、読み以上に低予算を強調すべく、ベタなギャグが延々と。 そしてエンディングでは、変な意味で、役者やスタッフのド根性を見ました。 期待以上の作品で、たっぷりと笑いました。 続編が作られたら、ぜひ観たい。

  • koy********

    4.0

    ネタバレバカバカしい映画を創ろう!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • taj********

    5.0

    【警告】笑い死ぬ覚悟で【女王陛下推薦】

     (注) どこの国の女王陛下もご出演されません。  笑う気満々で行ったのに、予想を六本木ヒルズの93倍(当社比)ななめ上ゆく大爆笑。  製作期間の短さを逆手に取ったクソやっつけ演出、役者陣の奇演怪演が見事に僕のツボに嵌り、文句なしの5つ☆獲得であります。  えー、とにかく笑えます。強烈にベタベタなので具体的には書かない(笑)。  ・イメージワード:「泣ける」…笑い涙で。  大人の事情(笑)で、初日舞台挨拶狙いの僕は開館の朝10時きっかりに六本木へ到着。窓口を見れば驚愕の「初回満席」となー!そんなに草刈正雄さんて人気あったつな(熊本弁)!  実は黒川芽以さん親衛隊が押し寄せてたようです。たしかにボンドガールならぬ初代マサオガール(笑)の黒川さん、丹羽多聞アンドリウPに恩があるとはいえあのフッ切れかた、万難を排して見る価値があります。メイド服で舞台に上がれば「年齢サバ読んでるよな」と野次られ(いや、かわいいぞ)、草刈正雄さんの二女・麻有さん(93年生)と並べば歳の差は如何ともし難く、ボンドカール風に胸へケータイ入れるなり「ひっかかるトコあるんすか?」と同僚カメラマン(和田聰宏さん)に突っ込まれる始末。しまいにはカメラ目線でバナナ食べる場面まで用意され、ファンならずとも彼女が正統派女優に戻れるのか気になってしまいます。ま、実力あるから笑えるコメディーができるわけで、杞憂なのですが。  なんでだろ、好みでもないのに(もうええっちゅうに)主役差し置いて書いてしまいました。そういうわけで、次は物語と演出についてじゃ(笑)。  二枚目俳優・草刈正雄(本人役)の真の姿は某国の情報部員。  コードナンバー0093。  ちなみに93は「草」。「刈」がどこに行ったかは謎だ。  某国最高機密のDVDが日本へ持ち込まれた。  内容は、見た者を洗脳する信号映像。  新たにTV局を開局するIT会社社長がディスクを入手したのだ。  悪が世界を支配するのか?  それとも草刈正雄が世界平和を守りとおすのか?  はい、本作の裏テーマは<IT企業のテレビ支配>でした。丹羽PはBS-i所属、その親会社はTBS、といえば…  丹羽氏「会社の名前、本当は“バクテン”にしたかったんだよ」  ああーっ、IT社長・三輪嘉門(嶋田久作さん)の衣装と顔が三○谷に見えて仕方ない(本当ですよ)! がんばれ0093! 我らがホークスも今年楽・(笑)に負け越しました、三輪をコテンパンにしちゃってくれ(笑)。真面目に書くと、「今の日本は腐りきっている」と断言する三輪に向かって草刈正雄が「そんなの本当か、国民に聞いたのか?」と問う場面、現実の一部IT企業にみられる傲慢な世間理解を、痛快に糾弾してくれてます。  製作裏話を読むと、本作は丹羽氏の発案からわずか1か月で撮影入りしたやっつけ映画だそうです。たしかに作りが粗く、六本木公開といえどもヒルズTOHOの水準に合わず、泣く泣くシネマートでの単館上映となったに違いありません(妄想)。  しかし、本作はタダモノじゃなかった。やっつけ仕事感を、むしろ笑いのネタに昇華させています。ドライブ場面の背景(青シートの合成ね)が炎をたて、陳腐なCGは人間を吹き飛ばし、はたまたエキストラに交通費自腹切らせたことや「同情出演」(友情出演ではない)者一覧をクレジットで告白したり、これがあの「恋する日曜日」の丹羽P作品かと思うと、インド人もビックリです(←インド人もよく使うギャグ)。ただ、一歩間違えば陳腐になるだけのところ、大爆笑のネタにもってゆくあたりは篠崎誠監督・加藤淳也脚本担当のセンスの賜物でしょう。  (注) 笑う予定はなかったはず(笑)の黒川親衛隊共共、劇場は爆笑でした。    僕だけが変人だから…と思ってこれ読んでるみなさんへ。    悪いことは言いません。「0093」、ぜひ映画館へ。  映像について、本作で初採用のエフェクトがあったので賞賛いたします。  その名は…「自力スローモーション」。  多くは語りません(笑)、普段使わない筋肉や精神を酷使する演技だそうです。草刈正雄さんや黒川芽衣さんの役者魂が一番窺える場面。ちなみに篠崎監督、次は「自力逆回転映像」で映像革命起こすらしいぞ。  ドC級映画なのに、脇役が非常に魅力的なのも本作の特徴です。  実名出演の水野晴郎さん(お約束のあの言葉も堪能可)、情報部赤坂十三丁目(どこだよ)支部長の森田正光さん(天気予報あり)、そして性別偽装までして出演してくれたIT企業のキャンペーンガール役・ユカリ(何者かは館で…)。あと、草刈正雄さんは実娘・麻有さんとの共演を嫌がっているらしく、本作は貴重な父娘の記録となりそうです。  そういうわけで、何を差し置いても笑いまくれる「女王陛下の草刈正雄」。  この週末の超おススメです。  あ、草刈正雄さんのこと書いてないや。一番笑えます。  「主演の評価が7文字かよ!」

  • tjc********

    5.0

    ゆみちの父の名マサオです(ホント)

    遂に観ました!やっと、今更・・・。 私は、世間のブームからいつも遅れている・・・。 折角なので、レビューするとしますか。 ・・・さて、何を書こうかな。 この映画、おバカらしくおバカ~に書こうか、 それとも、いつものように真面目~に書こうか・・。 しばらく考え込む私。 うーん・・・・。 いや、普通に感動しましたよ。 まず、だって正雄さん、普通にかっこいいでしょう(笑) 実の娘さんが本作で映画デビューだなんて、なんかいい話じゃないですか。 芸能界へ入ろうとする娘を、必死でやめさせようとする正雄さん。 うん、普通にチチオヤらしくて素敵です。 この映画、『二枚目俳優草刈正雄』をこの路線で起用させてる時点で、もう大当たり確定です! ある意味、反則ですよ~! 自作自演のストップモーションに、家族揃ってゲラゲラ笑わせてもらいました~。 今更ながら、今ゆみち家では、このストップモーションが流行っています。 母:『ぅうぉ~い。ぐぉは~ん~ゆぉ~~。』『ふぁ~ぃや~くぅすぃ~なすぁ~~~い!!』 コドモ達:『ふぁ~~~い。むぁむぁ~ぁ~~』 ・・・ばか家族。 隣では、真面目なダンナがイライラしてる。 まぁまぁ、パパ。くぅいぬぃすぃないどぇ~~。  ・・それでも、ダンナは笑ってくれない。    この価値観の違いは一生埋まらないのか・・・? そして、パパは単身赴任先へ戻っていく。 ・・・・『いっっっっとぇくぃむぁ~~~っす』   お付き合い、ありがとう。 甘甘でオール5!!!

  • gar********

    4.0

    ゼ~ロ ゼ~ロ キュ~サン!

    元祖イケメン俳優・草刈正雄は、実は女王陛下のスパイだった!その彼が悪の陰謀をくじく(?)お笑いスパイ映画。 私は、めったにこの手の映画を見ません。しかし、たまたまツタヤでDVDを見かけたのですが、明らかに007を意識したタイトルとボンドのように大真面目で銃を構える草刈正雄さんのジャケットにインスピレーションを受けて、思わずレンタルしてしまいました。そして、始まりから終わりまで笑いと涙がとまりませんでした。この作品、何とも人を食ったギャグの数々が本当におもしろい! ここまで徹底的にやられてしまうと、もはやケチをつける気がなくなります。ここまでおバカなことをやる製作陣、特に主演の草刈正雄さんの潔さに感服しました。 そしてあの主題歌…往年のウルトラマン、仮面ライダーを足して二で割り、何ともいえないノー天気さをふんだんに取り込んだような歌詞とメロディーが何とも言えません。 「ゼ~ロ ゼ~ロ キュ~サン!」にも拍手!

  • hat********

    5.0

    交通費自腹でいいから参加したかったです。

    ただただ面白いです。 並みのお笑いなんか軽く超えちゃっています。 何が「面白い」かって 何て言っても草刈氏、そして和田さん。 本当にくだらない設定、ギャグの応酬の中を いたって普通のテンションで 顔色ひとつ変えずに演じておられます。 話は変わりますが、大好きな番組 「サラリーマンNEO」のシーズン3最終回に いきなり降臨した「セクスィ常務」草刈氏も同じ匂い。 今はシーズン4開始と「0093草刈正雄は二度死ぬ」を 心待ちにしています。 NHK朝ドラと「ネコナデ」でも 好感の持てる女性を演じておられた黒川芽以ちゃんの はじけっぷりも最高です。 年のせいもあり、頭が固くなってきているので 「投げてこられる」だけのギャグにはついていけません。 でもこの映画は違います。 遊び心が満載で、ついつい仲間入りがしたくなる。 ダジャレのひとつも考えたくなります。 このスタッフさんたち、どんだけ楽しみながら どんだけ笑いながら取り組んでいるのだろうかと 観ていて羨ましくもなりました。 交通費自腹はもちろん 差し入れも持って参加したかったです。 ~・~・~・~・~ で、採点(最初『祭典』って変換された♪♪)ですが~ 「パコ」にも「Pちゃん」にも★4点どまりでコレが満点? ~・~・~・~・~ う~~~ん、まだ頭がほぐれきっていないな。 DVDで鑑賞です、もう一回「本編再生」 結局、エンドロールを4回見てしまいました。 ♪ゼ~~ロ、ゼ~~ロきゅ~うさん♪ オール5点決定!! ~・~・~・~・~ お気に入りレビューアーさんの5点連続 (おひとりは10点!!でした)がなかったら 絶対に観る事のなかった作品でした。 楽しい時間をどうも有り難うございました。

  • hir********

    5.0

    イヤミの無い笑いってイイよな

    仕事から、疲れて帰ってきて、風呂入って、飯食って、寝るまでちょっと時間が有る時。  アダルトなんて、余計眠れなくなるし、ホラーは音うるせーし、さて、どーすっか。 そんな時、この「女王陛下の草刈正雄」が、あったら最高だ。 適度に軽く、適度に笑え、適度に素敵、なんてったって主役は草刈正雄だ。 黙って立っていたって絵になる。 作品全体をおおう和やかな雰囲気が、観ている方にも伝わり、ゆったり気分でボーッと 観てられる。 至福の時だ。 かるーい、かるーい、嫌味の無い無邪気な笑いに、癒される。 続編「草刈正雄は二度死ぬ」希望。

  • gam********

    4.0

    ラスト、演者もこちらも大笑いで終わる

    しかしドラマ「華麗なる刑事」の頃はカッコ良かったこの人。 最近はすっかり控えめで、と思いきや 結構まとまったギャグ映画で、こちらも元気が出ました。 なにかの映画の前に予告編を観てから気になっていたので 損を覚悟で観たものの、充分楽しめた、最近一番の拾い物。 ただし、あくまで自分的には、ではあるけれども。 草刈正雄が実はイギリス情報部のスパイだったという設定。 人類の洗脳を企む悪人に立ち向かう。 ただし、真面目な部分はひとつも無く、例えば コードナンバーを入力せよ、という機械には人が入っていて ときどき差し入れをしてくれる草刈を、ピンチのときに助けるという とにかくナンセンスな展開。 ここぞというときのアクションシーンはスローモーション。 でもここらへんもギャグ。 スローモーションはすべて「役者さんの演技」 ラストのストップモーションも集団による演技。 もうエンドロールの歌が長すぎて(笑) 主役の草刈はぶるぶる震えていて、それを見ている女優さんが 必死に笑いをこらえている、という具合。 きちんとアホをやってるという意味ではすごい映画。 偏りの無いギャグセンスは実にいいと思います。 乞う、続編!

  • ter********

    4.0

    へらへら笑いましょう。

    力の抜けたこんな作品いいですね。 力作ばっかりだと疲れますよ。 ゆるい感じ、ヨシ。

  • mka********

    4.0

    GO!!GO!!MASAO!!

    俳優・草刈正雄が本人役で主演! 草刈正雄は諜報員だった!? そんなスパイコメディ。 監督は篠崎誠。 2枚目俳優・草刈正雄。 彼の正体はコードナンバー“0093” 女王陛下の下で働くスパイだった・・・・ 近所のなじみの店では入荷されていなかったので、近郊のTSUTAYAへと出向。 おお!あった。 2本もありました(笑)。 そして事前情報通りだ。 1本もレンタルされていない・・・ そんな訳で鑑賞。 鑑賞後、噂に違わぬクオリティーにニヤニヤでした。 特に書く事がないですね(笑)。 幸福な88分を過ごさせて頂きました。 このユルさは大変良いです。 冒頭でタップリ流れる主題歌が素敵でした。 ラストにはチョット笑いました。 スローモーションに満足しました。 交通費も払わずに参加したエキストラの皆さんご苦労様でした。 特に鈴木さんが好きでした。 たこやきおいしゅうございました・・・。 いや~、草刈さんの映画って本当にいいもんですね。 続編にチョット期待してみたくなりました。

  • mii********

    5.0

    全国の〝マサオ〟さ~ん、集合~♪

    俺に惚れたら 火傷するぜっ! ♪ ゴォ ゴォ ゴォゴォ マサオッ! ♪ ♪ ゼェ~~ロッ  ゼェ~~ロッ キュウッ サァンッ ♪ ♪ 草刈正雄は どこにいるっ~? ♪ どっひゃっひゃ~~~、 1度耳にしたら脳髄まで染み渡る、なんとも小洒落たテーマ曲! インパクトのあるサビのところで、「ハッ!」と感じてしまったら、 も~う、アウト! 噛めば噛むほど、聞けば聞くほどに、 各レビュアーさんが絶賛するだけのことあるねぇ~ 繰り返し、繰り返し聞いちまうじゃね~の。 あ~たまらん♪ まさお、正男、正雄、政夫、昌夫、雅男、真佐雄、政雄さん、や~い! 全国にお住まいの?マサオ?さん達の為にかっこいい応援歌がやって来たぞ~♪ この映画を観て、この主題歌を聞いて“おバカ元気”をもらおうじゃありませんか! 映画を観ながら自分の名前を連呼されると、自分だけのワールドに花が咲き乱れるものですよねぇ~いや本当に嬉し恥ずかしですなぁ~。 きっと、この映画を観られた全国の?マサオ?さんは、ドキドキ、うひゃひゃではないのかなぁ~。 作品内容もバカバカしいギャグ満載の出来栄えで、もう最高っすよ。 「007のパロディでしょ」と、レンタル店で鼻にも掛けなかった作品だったんだけど、あれよあれよと、ここYahoo!映画レビューで、にわかに盛り上がりをみせてきた本作品。 ついには、僕のところにも風の便りとして迷いこんできちゃいました。 本当に、ここのレビューって素敵ですね。 レビュアーさんたちが工夫を凝らして面白可笑しく紹介くださっている本作品。 なので僕は、未見の皆様の為に、 テーマ曲 ?♪ コードネームは0093♪? の魅力をお届けしました~。 撮影未定の次回作「0093草刈正雄は二度死ぬ」の、“ 正雄ガールズ ”に、女性レビュアーの方々、名乗りをあげてみてはいかがなものですかな? ♪ ゴォ ゴォ ゴォゴォ マサオッ! ♪ ♪ ゼェ~~ロッ  ゼェ~~ロッ キュウッ サァンッ ♪  (身体を左右に揺らしてお歌いくださいネッ) ♪ 草刈正雄は ここにいるっ~? ♪ 気付けば、ついリズミカルに口にしてしまいます。 全国の?マサオ?さ~ん、面白いから観てごらんなさ~い。 あなたの「テーマ曲」ですよ♪ ではこの辺で、ケツカッチンなので、あと、しくよろでぇ~~~m(__)m

  • y31********

    4.0

    BS-i 製作らしい作品です!!

    まさに、ケータイ刑事銭形泪を見ている様でした。 黒川芽衣と草刈正雄主演じゃそのままです。 しかし、今回は役柄自体が黒川芽衣さんは おバカキャラでしたけど・・・。 子ネタ満載でよく見ていないと 笑いのツボを見逃してしまうかも・・・。 ゼロゼロキュウサンのテーマソングが GOGO川口浩探検隊の様でこれもツボです。 ストーリーはターゲットがホリエモンを もじった感じで嶋田久作が演じています。 草刈正雄の娘も今回が女優デビューで かなり活躍しますがセリフは棒読みです。 しかし、黒川芽衣が良いです。 学校の階段でも大きな巨体をゆすって走ってましたが 今回もアイドルみたいな衣装をピチピチに着ていて おまけにバナナをよく食べています。 綺麗ではないけど魅力的になってきました(^-^)v

  • mas********

    4.0

    馬鹿馬鹿しいけど許してあげる

    主題歌の歌良いですね~、とっても笑えるような作品ではないけど、くだらないギャグ だけど楽しめる、公開されたとき劇場は観客はガラガラでした、映画のパンフレット はスパイ映画意識したような大型カードみたいな安物ぽいものだった 作品も全体安ぽいけどね、黒川芽以ちゃんが可愛かったけど草刈正雄の娘麻有デビュー 作品で 悪役の嶋田久作もくだらないギャグで楽しめます 何も考えないで楽しめるB級マイナー作品!!

  • ぎんぎつね

    4.0

    ネタバレ笑えました。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • id_********

    4.0

    タイトルの通りのバカバカしさです

    面白いです。裏街道っぽいかったるいギャグです。馬鹿馬鹿しいです。 でも好きです。なんたって草刈正雄が主役で主題歌も歌っているところが。

  • blu********

    4.0

    ネタバレ確信犯!馬鹿馬鹿しさを狙ってます。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • pea********

    4.0

    魂揺さぶる良質のスパイ映画

    久しぶりに人生を深く考えさせられる映画に出会った。 <ストーリー> 戦後の一時期、諜報員として活動していた草刈正雄の半生をインタビューと本人出演の再現ドラマで描くドキュメンタリー映画。 ↑ この説明を真に受けたあなた。 あなたの心のピュア度は100%です☆☆☆ 最初から最後まで金太郎アメの如く正雄テイストギャグ満載のおバカスパイ映画だ。 登場人物の背景で動き回る小ネタエキストラ 「トリック」並みに笑わせてくれる習字ネタ そしていまどきバナナの皮で笑わせるって…。 でもこのおバカ加減なんとなく好きっ♡ そしてなんといってもエンディングのストップモーション映像がたまらない! 人が静止している映像がこんなに面白いなんて…。 88分と短めのストーリーなので気軽に見られます。 内容が気になる方はチェック(最後まで)してみてね。

  • tis********

    5.0

    ★おバカ料理教室★

    ちゃらららら~~~~♪♪♪♪♪♪ 司会者「さあ!『お料理がんばるぞ!』司会のtisoで~す!早速先生を呼んでみましょう、四万十川料理学校キャシーぶりばり子先生で~す!どうぞ~~!」 ぶ「・・・・・・・・バシッ!!!(tisoを叩く音)」 T「!?先生!いきなり何をするんですか!」 ぶ「何をするんですか!じゃないわよ!!!毎回毎回、イカだの、エビだの、カニだの料理させやがって!この前はコアラだったじゃないの!もう来ないって言ったでしょ!!」 T「・・・ですが先生、今回は草刈正雄ですよ!」 ぶ「・・・・・・え??草刈正雄??・・・あら、まあ、素敵な材料ね。それなら考えちゃうわ」 T「いつもの素材と違って、今回はわざわざ天然の草刈正雄を取り寄せました!」 ぶ「まぁ!天然の草刈正雄?なかなか手に入らなくなったわね~~。じゃ、早速料理しちゃおうかしら!」 T「今回の料理は先生?どんな料理ですか?」 ぶ「季節にぴったりの『草刈正雄の007風スパイシー包み焼き』と『スローモーションサラダ』なんていかがかしら!仕事の疲れも吹っ飛んじゃう美味しさ!」 T「わぁ!美味しそうですね~~~!早速作ってみましょう!」 ぶ「まず、天然の草刈正雄をこの007風スパイシーソースに一日漬け込みます。」 T「このソースの決め手は?」 ぶ「このソースはね、中央に○があって、右から歩いてくるの。そして真ん中で立ち止まって、バキュ~~ン!とカメラに向かって打つの。今回はそのバキュ~ンはウインクね。これ、結構つかう方法なのよ。」 T「先生?ちょっとわかりにくいのですが・・・。」 ぶ「・・・・・・・・・・・スパイだけにスパイシー・・・・」 T「え!??先生??今なんておっしゃいました??」 ぶ「・・・さぁ!そしてこの漬け込んだ草刈正雄・・・ほら!凄く素敵じゃない!これをこのミズノハルオシートで包んでオーブンで88分焼くの。すでに焼きあったのがこちら!」 T「うわ~~素朴な感じ~~おいしそ~~。レモン汁などかけたら一層美味しいかも知れませんね!」 ぶ「次はスローモーションサラダね」 T「これは先生、どのように・・・・・・・先生?」 ぶ「こ~~~の~~サ~~ラ~~ダ~~~は~~~ざい~~~りょ~~う~~を~~~ゆ~~~~っく~~~り~~~~ち~~ぎ~~~る~~~の~~~よォ~~~~~~」 T「先生?まさかそれでスローモーション・・・?」 ぶ「お~~い~~~~し~~~~さ~~~~がぁ~~~~~ぜ~~~んぜ~~~ん~~ち~~~~~が~~~~~う~~~~~~~のォ~~~~~~~」 T「わあ!手軽にスローモーションを楽しめるのですね!美味しそう!」 T「さあ、本日のお料理の材料をもう一度確認しましょう! 『草刈正雄の007風スパイシー包み焼き』  ●天然の草刈正雄(養殖も可)  ●007風スパイシーソース(できればボンドガール印が望ましい)  ●ミズノハルオシート(入手困難なのでオテンキモリタマサミツシートでも代用可) 『スローモーションサラダ』 ■野菜(手でちぎれるもの) ■ドレッシングはお好みで(レモン汁が最適) 早速ご家庭でも試してみてください!この季節にぴったりのお料理です!」 T「キャシーぶりばり子先生!本日はありがとうございました!」 ぶ「・・・・・・・・・バシッ!(tisoを叩く音)もう二度と呼ぶんじゃないわよ!!」 T「ですが、先生、今回はかなり楽しめますよ!アルバトロス産ではないので・・。国産ですし。コアラよりは料理しやすいかと・・・・」 ぶ「・・・・・・まぁ、確かに今回は美味しい素材だったわね。」 T「では、次はいつお会いできるのでしょうか!『お料理がんばるぞ』でした! さ~~~よ~~~~~お~~~~~~な~~~~ら~~~~~~~♪」 【注】この料理番組に出ている料理に関する食あたりやその他の問題(お口に合わない等)は一切受け付けません。 来週のこの時間は番組を変更して「ヘルニア国物語」と「復活の屁」をお送りいたします。 なんてね。 お付き合いいただいてありがとうございました♪ 疲労回復に!新しい環境に疲れたあなたに! 是非、ご家庭で♪ バキュ~ン♪

  • may********

    4.0

    あるGWの会社員の休息、ぶりさんに捧ぐ

    娘 「パパァ、あそぼぉ。」 私 「ん?あぁ、今映画観てるから、ちょっと待ってて。」 娘 「まぁたえいがぁ?!」「なにみてるのぉ?」 私 「あぁ、0093女王陛下の草刈正雄。」 娘 「くさかりまさお?」「なぁに、それ?」 私 「草刈正雄、知らないの?」「そっかぁ。」   「草刈正雄はね、お父さんが米国軍人で、その丹精なマスクから最初は化粧品メーカーの専属モデルとして活躍してたんだ。その後、俳優養成所で修行した後、、新撰組の沖田総司を演じたりして、二枚目俳優として確固たる地位を築いた。でも二枚目故、役柄が固定されてきた事から、最近ではコミカルな役を積極的に挑戦する等・・・」 娘 その場を去り、妻のもとへ。   「ママァ、パパがへんなこといってる」 妻 「何わけのわからん事言ってんの?」「だいたい何観てるの?」 私 「あぁ、だから女王陛下の草刈正雄。」 妻 「コアラとか、草刈正雄とか、よくもまぁそんなヘンテコなのばっかり見つけてくるわね。」 私 「いや、この映画は凄いよ!コアラとは違う。」「何たって革新的な撮影技術が導入されてるんだよ。」 妻 「はぁ・・・。」 私 「いや、自力スローモーションって言ってね、マトリクスばりのスローモションを役者が自力で演じるんだよ。役者の台詞まわしや、動きなんかはスローなのに、風になびく植え込みの葉は普通に揺れててさ・・・」 妻 無言でその場を去り、娘のもとへ。   「○○ちゃん、お風呂はいろ。」 娘 「はぁい。」 孤独だ・・・。

  • jig********

    3.0

    ゆるいというかぬるいというか

    ゆるい内容とは想像してましたが、 想像以上にゆるくてぬるい展開が笑えます。 メインの登場人物の後ろで小ネタが炸裂 していたりして 画面中央以外にも注目していると笑えます。 ま、だいたいがしょ~もないわけですが そこがまた面白いです。 そこはおやじギャグが通じるか通じないか によって違いがでるのかも・・。 大体、草刈正雄以外の人の演技力って どーなのよ?って感じなのですが、 俳優じゃない人も混じってて まぁそこはこの手の作品でずば抜けた演技力 見せられてもあれなんで むしろそこは大根ぽく見せるのも手なのかも。 小ネタ具合が 昔テレビで明石家さんまがやってた 「心はロンリー気持ちは・・」の シリーズに似ていて あの手の子ネタで笑える人ならすんなり 楽しめるかなと思います。 まぁ、今現在「心はロンリー~」を 知ってる人がいるんだろうか? とそっちのほうが気になったりしますが^^; 草刈正雄の実の娘さんも出てまして あぁこの子が・・とついでに知っておくのもよいかも。 あとは、水野晴郎さんがチラと出ていて なんかちょっと嬉しかったです。

1 ページ/3 ページ中