ここから本文です

ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛 (2008)

THE CHRONICLES OF NARNIA: PRINCE CASPIAN

監督
アンドリュー・アダムソン
  • みたいムービー 842
  • みたログ 3,745

3.67 / 評価:1224件

原作とりあえずなぞった感

  • mdc******** さん
  • 2018年3月31日 1時21分
  • 閲覧数 405
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

何も印象に残りませんでした。ちなみに原作未読です。
きっと原作では、各人物がそれぞれ目標に向かって進んでいく群像劇的な感じなのでしょうが、
映画では描写不足により、誰が何を考えて何をやっているかが全く見えてこないし、
各キャラごとの描写も少ないため感情移入も応援出来ない。
キャラの成長を感じさせるようなシーンになるはずの場面でも、
取ってつけた感がすごくて何の感慨もない。

「ナルニア国物語の映画版は原作の流れや描写を忠実に守っている」との評判を以前知人から聞きましたが、
流れや描写にこだわりすぎて結局作品の伝えたいことをおろそかにしているのではないかなと思います。
多少シーンを削っても、キャラやストーリーの中身をきちんと描くような構成にしてほしかったな。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ