2008年1月19日公開

人のセックスを笑うな

1372008年1月19日公開
人のセックスを笑うな
3.1

/ 1,522

16%
22%
29%
19%
14%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(840件)


  • jbm********

    3.0

    ほんわか

    2022.5.8@DVD

  • ram********

    2.0

    人のロマンスを笑うな でいいのでは?w

    昔みたことあって又今回も見たけど 永作博美が子供っぽすぎて 私は受け付けない(-_-;) 大人の女性だったらもっと他にいないか? 松山ケンイチは子供っぽくてまだいいにしろ永作博美のキスシーンとか なんかきしょかった。 前半だけで内容が終わるので後半はダラダラいらんwww 結局既婚古風女の一時期なお遊びにひっかかってしまった 若造にとっては淡いロマンスといったとこですね。 セックスとか変な想像させるような タイトルではなく 英語のDont laugh at my romance. と同じく 「人のロマンスを笑うな」 ってタイトルでいいと思いますが...

  • yor********

    4.0

    ッハハハハハハハハ

    「笑っちまった、ぜぇ」っと、言う、ような、作品。  映像(解像度)は、然程に、よく、無い、けども、それなりに、好い、感じ。  ・・・だけど、Autonomous Sensory Meridian Response(ASMR)の効果が、凄く、あの場面では、要らなかったなぁ、、、唯一に、好かったのは、「『せんべい』を、食べる、時の音」だなぁ。  内容は、極普通に、現実でも、有るような、大学生と、大人の恋愛。  でも、最後に、そうぉ〜、成るのかぁ・・・っと、それも、有りがちな、展開で、意外な、方向へ、、、w  なお、助平な、奴ほど、妄想の世界に、陥るのかと、想われる、、、ww

  • oir********

    1.0

    趣味が合っていそうな気はしたがダラダラ

    美大を舞台とし、臨時女性教師と男子美大生のいちゃつきごっこを主軸としたアンニュイな美大あるある群像劇は序盤こそある種の共振が生じないでもなかった。 しかし、終盤もさして何か大きなうねりが生じるわけでもないダラダラダラダラした展開にさすがに嫌気が生じてしまう。 それは映像にも言えることで、引きの固定カメラ映像も最初の内はビシッとしたポリシーが感じられ好ましかったが、終盤はそれしか芸がないということかと諦めの境地。 監督が自己満足できたのであればそれでいいんじゃないでしょうか。 1.2の一つ星

  • fkt********

    1.0

    タイトルで期待してはイケない

    ただ長かった。途中から速度かえたけど長い。蒼井優ちゃんが可愛かった。

  • cherry

    5.0

    久しぶりに見たけどオシャレ

    低評価してる人って、大抵タイトルにてきAV的要素を求めてた人なのかも 大胆な濡場もなく残念でした〜 という感じ?(笑) この独特な雰囲気と時間の流れ方。 どこまで台本でどこからアドリブなのわからない感じがgood! それぞれの役にその都度感情移入できます。 自分の状況に応じて...。 付き合ってないのか付き合いたてかのようなイチャイチャするシーンなんて、甘酸っぱい大学生の頃を彷彿させるから、キュンキュンしちゃいます。 私が女だからなのかな? 体むき出しの絡みがある恋愛映画よりずっとリアルで心地よかったー!

  • 11_m_a_y_u_29

    2.0

    つまらん

    一動作の時間が長いので、観ていて飽きる。 (蒼井さんがクッキーを食べるシーンや、永作さんがラジオを聴くシーン、そのほかにも間延びしてたけど思い出せない…) 無理に時間伸ばして映画にしました感があって、映画館で観ていたらさぞかし後悔しただろうなぁと思う。 永作さんがかわいくて絶妙に役にハマっていたので︎一つおまけします笑 同性から見ても、あの雰囲気は最高です!

  • たーちゃん

    4.0

    ネタバレ「いとしのユリ」

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • rak********

    3.0

    なんだか見てしまう。。。

    倫理観から少し離れたある種 めちゃくちゃな話で、 鼻で笑うようなシーンも多かったり するのだけど、なんだか 見てしまう不思議な映画でした。

  • k21********

    2.0

    小説が絵になった感じ。

    小説が絵になった感じ。 独特のリズムが心地いい☆ 永作博美も松ケンも超素っぽい。 あの間とか会話の行き来がくすぐったい~ 最後の方の忍成くんが最高っ。 あれされたら堪らない~〓〓〓

  • 月曜日の憂鬱

    3.0

    タイトル詐欺だ(笑)

    エロを期待して観賞したが以外と純情なラブコメディー。奔放な年上人妻に振り回される純情ボーイ物語。いやしかし永作博美はいくつになっても綺麗だわ。

  • horomo

    3.0

    10年以上前の映画

    松山ケンイチさん、蒼井優さん、忍成修吾さんら若い。最寄りの駅のロケ地が学生時代に利用していた駅だったので当時を思い出しながら19才だったらこうな感じだよね?っていう気持ちとのどかな風景と小粋な音楽が合うというか。ストーリーは寂しい大人女性が好意をもっている若い男の子と関係して最後は放置して旅に出てしまい純情青年を振り回すというオチ。ドロドロ具合は描かないのが良いのかな。オジさんだったらゾッとするけど永作さんだから許されるかも。風景込みで演じてるので出演者のアップや細かい動作、表情の描写少な目。忍成さんは最後まで顔がわからなかった。

  • ebj********

    2.0

    苦行

    見ててつまらないからところどころ早送りで見たがそれでもスローモーション再生のように話が進まない。 学生のアドリブ撮影かと言われると納得できるクオリティ。時間返して欲しい

  • lovejazz

    1.0

    タイトル負けのつまらない映画

    タイトルが面白いから中身に期待してしまうけど、本当につまらなかった。 これが「とある40手前の自由を愛する女とその教え子の大学生の、どこにでもある恋愛話」とかなら、まだマシだったかも。 セックスシーンを期待してたとか、刺激欲しさでは全くない。 何か心に残れば良かった。 一番しんどいのが間というかテンポの悪さ。 なにもスピード感を求めてるわけじゃないけど、雰囲気だけで撮ってるような間が不快。 ここまでの雰囲気映画はなかなかだと思う。 そしてラストシーンに、は?? ただ景色はまあ良かったかなぁ。

  • to7********

    1.0

    ネタバレ刺激を期待したのに

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kaz********

    5.0

    内容的には

    まだ純粋な青年の恋物語で何てことのないものですが、ただ松ケンと永作さんがずっとイチャイチャしていて、それが本当に自然体で(特に松ケン)何故か楽しくなるというか、ニヤニヤしちゃいます(笑

  • アサシン

    2.0

    よくわからないのだが私が悪いのでしょうか

    題名と内容が関連性がない事、原作者は心理描写に定評がある事、これが前知識。 それでわたしには、登場人物の心理が理解し難いし共感できない。 でも、これがダメだとも言い切れないほどわからない、戸惑い。 なんだろう、余裕のある暮らしができたら理解できるんでしょうか?

  • tom********

    3.0

    エロは期待しないこと

    青春だなぁと感じました。 全体的に間延びした映像は、他の視聴者が言うとおり、確かにその通りですが、自分の19〜20歳くらいも、ダラダラした時間を過ごしていたような。監督は、それを表現したかったのでは? 社会人になった今、懐かしい感覚を思い出しました。 自分の学生時代は、蒼井優みたいな可愛すぎる友達は、いなかったけど(笑) 蒼井優の演技上手い。 永作博美は、ああいう先生と親密になるなんて現実味が無い。

  • p53********

    2.0

    面白味が感じにくい

    普通の学生生活に感じました。

  • ryo********

    1.0

    つまらないとしか言いようのない作品

    タイトルと出演者(永作博美、蒼井優)に釣られて観たんですけどね。 今までに観た映画の中で、一番つまらなかったんじゃないだろうかと言うくらいつまらなかった。あまりのつまらなさに衝撃を受けて、思わず最後の最後まで観てしまったという、ある意味貴重な作品。ついでに言っておくと、まったくエロくない。オッパイが出てこないのはまだしも、作品を通してエロさをまったく感じさせないのはタイトルからして詐欺だろう、と。じゃあ他に何かって、何もない。まさに、山なしオチなし意味なしという本来の意味での「やおい」作品。

1 ページ/42 ページ中