ここから本文です

歩いても 歩いても (2007)

STILL WALKING

監督
是枝裕和
  • みたいムービー 1,657
  • みたログ 2,928

4.03 / 評価:1,118件

解説

『誰も知らない』『花よりもなほ』の是枝裕和が、家族の情景を鋭くとらえ、しんみりと描いたホームドラマ。15年前に死んだ兄と比較されて育ち、実家に居心地の悪さを抱いている男を阿部寛がユーモアと悲哀を込めて演じる。そのほか、夏川結衣、樹木希林、原田芳雄などが家族にふんし、家族の何でもない会話や日常を絶妙な間合いで表現する。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

夏のある日、横山良多(阿部寛)は妻のゆかり(夏川結衣)と息子のあつし(田中祥平)とともに実家に帰省した。この日は、15年前に他界した兄の命日。しかし、失業していることを口に出せない良多にとって、両親(原田芳雄、樹木希林)との再会は苦痛でしかなかった。

シネマトゥデイ (外部リンク)

映画レポート

(C) 2008「歩いても 歩いても」製作委員会
(C) 2008「歩いても 歩いても」製作委員会

「歩いても 歩いても」家族の一日を描いて女の一生を語る、奥の深い映画

 チェーホフは、「おはよう、今日も天気がいいわ」というセリフで愛を告白すると、何かの本で読んだことがある。優れた戯曲は、何気ない日常会話でその人間の過去や性格、現在の心境までも表現してしまうということなのだろうが、この映画もまさしくその範疇に入る作品だ。何か事件が起こるわけでも、ドラマティックな展開になるわけでもない。初老の両親の家に、息子と娘がそれぞれの家族を連れて里帰りする。その夏の一日を描いただけなのに、セリフの隙間からこの家族が抱えてきた葛藤や感情のもつれがすべて浮かび上がってくる。

 目で見せるのは今日一日のディテールだが、そのディテールの積み重ねが指し示すのは、目に見えない存在、15年前に海で溺れた少年を助けて死んだ長男なのだ。跡取りを失った父親の失意、未だに兄へのコンプレックスを克服できない弟。そして、息子の死の痛手が辛辣な言動になって出てしまう母親。不在の存在がこの家族の葛藤の因になっていることが顕わになっていく経緯は、周到に仕組まれた推理ドラマを見るよう。是枝監督の人間観察眼に参った。毒のある言葉をにこやかに口にする母親(樹木希林が好演)を見ていると、彼女は夫に愛されない屈辱を呑み込んで生きてきたのだと思わずにはいられない。家族の一日を描いて女の一生を語る。奥の深い映画だ。(森山京子)

映画.com(外部リンク)

2008年6月26日 更新

本文はここま>
でです このページの先頭へ