レビュー一覧に戻る
眠り姫
2007年11月17日公開

眠り姫

802007年11月17日公開

ore********

1.0

ネタバレラジオドラマ(映像付き)。

フライヤーを見て興味が湧き サウンドリマスター版 鑑賞 (ちなみに何回もアンコール上映してたらしいですが都内ではもうしばらくやらないです、と脅し文句のようにポスターに書かれていた) 民法FMでタマ〜〜にやるハートカクテルもどきなカッコウつけた形だけの薬にも毒にもならないラジオドラマに俺の大っ嫌いな谷川俊太郎っポイきれいごとなイメージ映像(やたらに『青空』『学校の校庭』が多い)をカブせただけの「今までに誰もヤッたことがない新しい映画」を大声で出してる割には ラジオドラマ(映像付き) なフォルダーからヌけ出せていない チンケな映画 のように思った 他のレビューでこの映画の要約が書いてあったけど 「夢の中で」・・ のような 『夢オチ』 を 柱にしてる時点で ナントデモ解釈言い訳デキるわけであって 初め 試みは面白いな〜 と期待したが 『人が出ない』 『イメージ映像だけ』 つまり 観客を喚起させる技術力 が 監督には求められる のに 『夢オチ』 前提では 自由すぎて 客に【縛り】をカケラレナイ 【縛りをかけられるからこそ、不自由だからこそ映画にシマリと強度が与えられ、産まれる・・・喚起される!!】 ソレが 役者の影形がない分求められる コンな スッカスカなキレイゴトだらけのダダ漏れイメージ映像ダラケでは オムツなしの地方老人のような者で ただのタレ流しww スッカスカな脳内タレ流し映像では観ているコッチは眠り客になるワナ 発想(語りとイメージ映像だけの役者ナシの観客の想像力を促進させる喚起性ノミの映画)は良いだけにそれを練る 企画力 感覚力 そして 構成力 それらがクロスオーバーして 初めて 喚起 される『映画』になるんだろうな ただただ 先駆的、実験的な衣をカブっただけの ラジオドラマ(映像付き)の体から逃れられなかったのが 残念だ。

閲覧数2,252