レビュー一覧に戻る
実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)
2008年3月15日公開

実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)

1902008年3月15日公開

ban********

5.0

学生運動の末期症状が良く描かれていた

私が学生時代に住んでいたのが ※※寮と呼ばれている所で 入学金と授業料が他の大学と比べると 極端に安かった。 確か入学金が10万円で授業料が 前期8万円、後期8万円で 総額26万円だった。 うちの親は当初大喜びだった。 私は自虐的に「国立3期」と呼んでいた。 寮費も水道光熱費タダで 家賃もタダ同然だった。 寮の中には食堂が完備されていて 寮の外から学生が食べに来るほどの 上手さだった。 後から分かった事だが 私の同居人の先輩は 県警の公安の ブラックリストに載っている 「超有名人」だった。 ある時私はその先輩に聞いた。 「果たして日本に革命が起きますかねえ?」 先輩は「多分もう起きないよ。 学生運動にも廃り流行りがあるんだよ。 旬を過ぎているんだよ」と言った。 ある時オフクロが寮に駆け込んできた。 「あんた、早くここから出るんだよ。 さもないとアカになってしまうよ!」 洗脳される前に退寮して正解だったの かもしれない。 数年後※※寮は県警の実力行使を受けて 破壊された。 それから授業料がどんどん 値上げされたらしい。 青春のひとコマを書いてみた。

閲覧数2,020