2007年11月17日公開

富江VS富江

862007年11月17日公開
富江VS富江
2.3

/ 32

13%
3%
22%
28%
34%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(16件)


  • ang********

    1.0

    ネタバレいやもう酷いのなんのって

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • tai********

    1.0

    戦ってはないです

    2000年代の深夜ドラマぐらいの合成映像、大半が意味のない含みを持たせたような会話劇です。 これだ手抜きの映像を見せられると、最初の小鳥のシーンほんとにやってるじゃないかと思ってしまいました。

  • dou********

    3.0

    「間」が多すぎ

    良く言えば幻想的なのかもしれないが、テンポが遅すぎるだけだと思います。とにかく見ていて早送りしたくなる衝動を抑えられない。セリフもいちいち言いそうでなかなか言ってくれない。すべてがスロー。話自体はそんなにつまらないわけではないのですが。 肝心の富江と富江の戦いもさんざん焦らしたわりには驚くほど味気ないものでした。ラストあたりだけです。ホラー映画らしかったのは・・・

  • y31********

    3.0

    ホラー物と言うよりキモイ系かな・・・!!

    ラスト以外、ハーフ(?)の富江なので 化け物度は少ないですね・・・。 多少、切断などキショイ場面もあるが ほとんどは単なる殺戮とサスペンス度が高く 安心して見れる。 それに今回の富江は両方とも綺麗です。 特に、あびる優のスタイルの良さは見事です。 腰のクビレからおおきなお尻のラインが魅了的です。 有名な俳優さんが皆無と言っていいほどいないが 単なるVSではなく、どんでん返し的な要素もあり 楽しめると思いますよ。 但し、最近の邦画のレベルは高いので評価的には これ位かな・・・(^-^)v

  • wai********

    4.0

    ネタバレ富江

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kjk********

    3.0

    あびる優が意外とGOOD!

    意外とやってくれました。ストーリーや演出的には普通というか、思っていたよりも壮絶さはなかったけれど、永遠に生き続ける怪物だった富江の設定をうまくいじくって作っていて、良かったです。オリジナル富江の出現はまた意表をつく方法でした。 富江はまだまだ映画が作れると思います。個人的には前作の白田久子、伴杏里、美波の作品が好きなんですが、菅野美穂や宝生舞など毎回毎回違った雰囲気の富江が見れて好きな邦画ホラーです。

  • bea********

    5.0

    大好きな映画

    何度でも繰り返し観たくなる映画です。 原作者の伊藤潤二さんがおっしゃるとおり シリーズ最高傑作の素晴しい映画だと思います!!

  • nic********

    5.0

    真のファム・ファタール

    あびる優さん演じる富江/尚子(2役)と松岡恵望子さん演じる富江は、2人とも本当にステキでした。 原作の富江は、とってもオシャレ。 富江(あびる優)の赤のワンピースや、富江(松岡恵望子)の黒のコートなど、原作に近いイメージで表現されているのがとても嬉しかったです。 化け物を強調しすぎない美しい富江が観たかったので、富江ファンとしてすごく嬉しかったです。 伊藤先生の描く富江は、関節の動かし方がとても魅力的で(立ち姿や手の動かし方、首の傾げ方など)、今回の富江は原作のような体の動かし方をしていたので、それも嬉しかったです。 富江の一筋縄ではいかない性格も上手く表現されていて、つぎ何が起こるんだろうってドキドキしながら観てました。 八戸亮さんは今回初めて観た役者さんですが、透明感があってとても良かったです。 難しい役柄を見事に演じられていて、今後が楽しみな役者さんだと思いました。 物語の鍵を握る伊藤洋三郎さん演じる謎の男は大人の魅力が漂っていて、富江を愛し続けた男の悲しさがにじみ出ていて、とても切なくなり泣けました・・・・・・。 富江が一樹に興味を持った真の理由はここにあったのか!ってわかった瞬間、真のファム・ファタールの恐ろしさに恐怖し、その美しさに魅了されながら、観終わった後、しばらく呆然としてしまいました。 近年フィルム・ノワール的な作りの映画を観ることがなかったので、とても新鮮でした。 わたしにとっても、シリーズ最高傑作の映画になりました!

  • poc********

    1.0

    最低三流ホラーです。!

    レビュー書くのも戸惑うくらい最近見た映画で最低です。なんともいえません。子供(大学生)途中で寝てました。意味不明最悪です。話もわかんないし、まだ着信ありのほうがましでした。登場人物少なすぎ、お金かけてないん見え見えだめとしか言いようないです。子供が怖いのが見たいというので借りてきたんですが、期待はずれです。数年前に見た酒井美紀のが怖かったんで期待してたんですが今回のは、、、、、、うーんだめです。

  • hir********

    1.0

    2007年作品!?

    10年前のVシネマかと思ったぞ!? いや20年まえっていっても、あびる優がでてなかったら通用するぞ。 この監督はいくだ? 若すぎで経験が足りないのか? それともかなり年がいってしまって感性が古くなってしまったのか? でもあびる優が美しい。 よい女優なのに、窃盗犯の過去じゃもうメジャーの作品には出られないのか・・・ 残念だな。 まあ、自業自得でしょうがないな。

  • hon********

    5.0

    ネタバレ単純なVSモノじゃない!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ete********

    5.0

    不思議な魅力

    富江(あびる優)は中世的な魅力を漂わせる一樹(八戸亮)と出逢い、不思議な魅力を感じる。 一樹に接近する富江。 いつになく人間らしい仕草をするのは、人の血が混ざった富江だから。でも出来損ないのため、肉体のバランスが崩れ、崩壊しかかっている。崩壊を止めるには、オリジナルの富江を探し、その血を得ないといけない。 一樹と共に、オリジナルの富江を探そうとするが……。 一樹の過去が分かり、すべての謎が解けて、とても切ない気持ちになった。 富江に関わった者たちの、囚われながら崩壊していく様が、とても切なかった。 そして、どんなときも美しく冷酷な富江の魅力に、ますますはまってしまった。 とても面白い映画でした。

  • kum********

    3.0

    みどころ少なっ!!

    退屈でした…。 コピーの富江同志のバトルも、ハラハラしないし…。 最後の主人公の男の子とオリジナルの富江に起きた事件と、 結末にはちょっとだけ驚きました。が、 見どころはそこだけ。 あびる優の富江には、妖艶さも、怖さも狂気も感じられない…。 ※コピーだからその性質も弱まるのかな?(笑) 富江シリーズ。 なんだかんだで全部みてしまいましたが、 富江としてよかったのでは、管野美穂でした。 そして、時間つぶしには最適のB級ホラーですね♪ 嫌いじゃないです^^

  • SH STREET

    3.0

    チープ

    原作のイメージを生かしつつオリジナルにしたかったんだろうけど、なんせチープさが気になって・・・。バトルっちゅうほどバトってないし・・・。 上映中に、後ろの出口からヘリョンが出たり入ったりして気になった。

  • fed********

    1.0

    駄作…

    富江シリーズは全部見たけど、酒井美紀がピークですね 今回、見る前にこのレビュー見て4点だから観たけど、点数甘すぎと思いますねぇ

  • kaz********

    2.0

    オンドゥル語

    *オンドゥル語:インターネットスラングのひとつで、テレビドラマ『仮面ライダー剣』で主人公が発した滑舌の悪い台詞回しを元にして、ファンが遊びで考え出した言語。日本語として聞き取れない台詞を、耳に聞こえた通りに書き記し、それをオンドゥル語と名付けた。『仮面ライダー剣』とは無関係の作品でも、聞き取りにくい言葉はオンドゥル語とされる。 前置きが長くなりましたが… 話はなかなか面白いんですが… 正直キャストの芝居が全然なっちょらん! 凄い滑舌悪く、オンドゥル認定します(笑) にもかかわらず(勿論私からの評価は私の主観であり、なんら客観的な根拠はありませんが)『キャストのお芝居が素晴らしい!』って誉めててなおかつこの作品しか 評価されてない人って一体…^^;

1 ページ/1 ページ中