レビュー一覧に戻る
ペルセポリス
2007年12月22日公開

ペルセポリス

PERSEPOLIS

952007年12月22日公開

bun********

3.0

ヒジャブに隠されたアイアン・メイデン

『ぺルセポリス』は、イランのファール地方にある 世界遺産に登録されている遺跡である。 「ペルシャの街」と「街を破壊する」と言う意味を 掛け合わせたものが名前の由来であるように、 破壊されて廃虚になった後に名付けられたものとされている。 本作は、イランをペルセポリスに譬えて、 イラン・イスラーム革命、イラン・イラク戦争と 1970年から1990年代の混乱するイランの近代史を、 フランス在住のイラン人女流作家マルジャン・サトラピが、 自身の体験を基にして描いた同名グラフィック・ノベルを 映画化した作品である。 テヘランで育ったマルジャン自身の、 少女時代からの体験を基にした自伝的作品なので、 革命後のシャリーア(イスラーム法)による 女性に対する人権問題がメインになっているが、 主人公の反抗する姿がユーモラスに描かれており、 さらにアニメなので、現実がオブラードされて、 政治や宗教の問題を扱ってはいるが、暗さがなく、 誰が観ても分かりやすい作品に仕上がっている。 (ここからネタバレあり) 『恐れが人に良心を失わせる。              恐れが人を卑怯にもさせる。』 ラストシーンで、祖母の教えを胸に秘めたマルジャンは、 混乱するイランを脱出して、フランスに旅立つ。 空港に到着して拾ったタクシーの運転手に、 「何処から来たのか」と訪ねられ、 一言『イラン』と力強く答える。 そこには、ウィーンに留学していた時に、 イラン人であるがために差別を受け、 行き場を失くして隠遁していた彼女の姿は、何処にも無かった。 真の愛国心とか人間の尊厳とは何かを考えさせてくれる、 平和ボケした日本人に必見の映画。(65点)

閲覧数408