ここから本文です

テネイシャスD 運命のピックをさがせ! (2006)

TENACIOUS D IN THE PICK OF DESTINY

監督
リアム・リンチ
  • みたいムービー 155
  • みたログ 509

3.32 / 評価:145件

解説

『スクール・オブ・ロック』のジャック・ブラックが、盟友のカイル・ガスとともに結成した実在のバンド、テネイシャスDを主人公にした抱腹絶倒のロック・アドベンチャー。ロックの殿堂入りを目指すミュージシャン2人が、悪魔の歯から作られたという伝説のギターピックを探す旅に出る。監督はテネイシャスDのPV製作で知られるリアム・リンチ。製作も務めるベン・スティラーら、驚がくの役柄で登場する友情出演スターたちも見逃せない。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

カンザスの田舎町からロックンロールを求めてハリウッドへと旅立ったJB(ジャック・ブラック_)。天才的なギターの才能を持つ無職の男KG(カイル・ガス)とビーチで運命的な出会いを果たした彼は、ロックバンド“テネイシャスD”を結成。世界を揺るがす名曲を生み、ビッグになることを心に誓いながらデビューライブを行うが……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

映画レポート

(C)MMVI NEW LINE PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED.
(C)MMVI NEW LINE PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

「テネイシャスD/運命のピックをさがせ!」最狂のロック魂映画にしてバカ炸裂映画

 「ハイ・フィデリティ」の中古レコード店員に、「スクール・オブ・ロック」のニセ代用教師。暑苦しくも愛すべきジャック・ブラックをブレイクさせたのは、全身全霊でロックを愛しまくるロックバカ役だった。これは偶然でも何でもない。いずれもアテ書きで、JB自身が常軌を逸したロックバカなのだから。

 そんなJBが駆け出しの頃、カイル・ガスと結成したバンドが“テネイシャスD”。そのバンド結成秘話(もちろんウソ八百!)をネタにやりたい放題やっちゃった、最狂のロック魂映画にしてバカ炸裂映画こそが、この作品である。

 ロック命のデブJBと、すごいアコギ・テクニシャンだがハゲでメタボおやじのKGが、成功をもたらす悪魔のピックをゲットしようと大冒険!という話だが、もう全編うひゃうひゃとうれしくなる(一部の人は間違いなく不快になる)ほど、バカ!

 しかし、目の中に炎を揺らしつつ、お下劣ワードをシャウトする彼らは本気も本気。マジでこいつら、すごい才能なのだ。不覚にもカッコイ~と叫びたくなるロックオペラな熱さと、パロディやトリップでのボケ倒し、そして小学生レベルの下ネタが混ざり合わさって、ザ・うそぶきワールドは脱力の珍展開。豪華カメオ陣も思わずニンマリの機能っぷりで、ロックファン、JBファンなら痺れずにはいられない!(若林ゆり)

映画.com(外部リンク)

2008年7月24日 更新

本文はここま>
でです このページの先頭へ