レビュー一覧に戻る
フィクサー
2008年4月12日公開

フィクサー

MICHAEL CLAYTON

1202008年4月12日公開

wip********

5.0

登場人物の表情で心情が伝わってくる

それぞれの登場人物が複雑な立場の中で自分の意志で生きているというのがひしひしと感じられた。 序盤こそ話が分かりにくいがストーリーが進んでくると主人公の心の葛藤が痛いほど理解できるようになる。 表情の少しの変化だけでも感情が伝わってくるほど。 序盤が分かりにくかったことで、逆にぐんぐん引き込まれ、知的な興奮が生み出されていく。 分かりやすく泣いたり、叫んだりという事がなく、静かに静かに観せていく事で観ている側も色々と考え、理解しようとさせてくれる。 また俳優たちの演技も素晴らしく、登場人物の内面がうまく表現されている。 最後が最高にカッコよく、しびれた。 こんなにカッコよく決められる人間になりたいなー。 働く大人が観て、渋く感動できる秀逸な映画。

閲覧数664