ここから本文です

KIDS (2007)

監督
荻島達也
  • みたいムービー 284
  • みたログ 751

3.27 / 評価:331件

この作品に救われました

  • yuo***** さん
  • 2016年6月2日 22時35分
  • 閲覧数 1028
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

この作品のノベライズを読んだ後、映画を見て、最後に原作を読み、DVDを買いました。
個人的に、今まで出会った映画の中で不動の一位です(とはいっても、そこまで映画に特別詳しいわけではありません)。
 極力ネタバレにならないよう、レビューを書かせていただきます。

 もともと、フィクションに対して、より現実離れしていること、映画でしか表現できないことを表現できていることを重視していたので、その点でこの作品は素晴らしいと思います。特に顕著なのが、独特の空気感です。ある意味ねっとりとした、それでいて透き通る夏の日差しのような、あるいは起き抜けに目に映る朝もやのような、曖昧で、しかし胸に響く不思議で美しい映像美があります。そこに物悲しくもどこか暖かい音色が重なることで、この作品の世界観が完成され、一挙に引き込まれます。
 そして次にストーリーです(ネタバレをしない範囲ですから、プロモーションビデオでわかる範囲のことで述べます)。ずっと悲しい、ずっと寂しい、ずっと楽しい、という作品ではありません。しかし、いつもどこか寂しさを含んだ描写がなされ、同時に人の温もりがありつづける、そんな描写がなされています。グラデーションのように感情が動くために、ひどくゆっくりとした時間が流れているように感じられるストーリーです。キャラクターも個性豊か(PVからも明らかなので書きました)なので、感情移入もしやすいと思います。

 最後に。
 私はこの作品は、人を救う作品ではないかと思います。寂しい、自分に価値が見いだせない、生きる希望がほしい、現実から逃げたい。
 この作品は、求める答え、すなわち、ここにいる理由、ここにいていい理由、いるべき理由を、教えてくれるのだと思います。

・・・・・・。

 もっと端的にこの作品をいうと、映像綺麗! 音楽癒される! 玉木宏かっこいい! 小池鉄平かわいい! です! 知的な役柄のイメージだった玉木宏がこんなにワイルドなのが似合うだなんて! 小池鉄平の美少年さたるや・・・思わず限定版を購入するほどです!
 そんでもって、作品を見た後はちょっとほっこりします。切ないけれど、最後には「ほっこり」が残ります(大事なことなので二回言いました)。
 もし限定版が手に入れば、是非ともおすすめします! それというのも、メイキングが楽しいっ! 切ない話のあとだと、輪をかけて「ほっこり」しちゃいます。
 ぜひ一度、見てみてください。 とりあえず、PVから見てみる、なんてどうでしょう?

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 楽しい
  • 不思議
  • 絶望的
  • 切ない
  • かわいい
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ