ここから本文です

チーム・バチスタの栄光 (2008)

監督
中村義洋
  • みたいムービー 672
  • みたログ 4,395

3.15 / 評価:1326件

小説、ドラマよりいい。

  • jigobo さん
  • 2012年1月25日 14時28分
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

エッジの効いた映画を見たい方にお勧めです。

この映画は、一級のコミカルミステリーです。
どのカットを見ても、監督の意図が感じられることでしょう。
キャラクター造形、ストーリー展開、画面構成、照明の使い方、カット割り、俳優陣の演技、効果的な音楽、どれをとっても、ドラマよりよく出来ていますし、小説に内在する医療ミステリーのポテンシャルを、2時間の映像という表現媒体を使って見事に表現できていると思います。

ではなぜ、この映画に対する世の評価が低いのかです。
医療ものであれば、人間性の根源に触れるべきであるとか、ミステリーであれば、目の覚めるようなトリックを披露するべきであるとか、映画であっても、小説のような緻密な心理描写をするべきであるとか、
などなどと、
映画を見る人は、どうしても、「感動」を映画に求めがちのような気がします。
そうではなくて、ちょっと肩の力を抜いて、エンターテイメントとして
楽しんでみたらと、私は言いたいのですが。

好きな小説を何回も読むことが楽しいように、この映画を何回も見ることが楽しいと思える人がきっと多くいるはずです。

そして、そういう人は、結局のところ、映画の中で、引退の決断を迫られた、一人の男の苦悩という、普遍的なテーマが味わい深く表現されていることを、感じとっているのでは、と思っています。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ