レビュー一覧に戻る
ヒトラーの贋札
2008年1月19日公開

ヒトラーの贋札

DIE FALSCHER/THE COUNTERFEITER

962008年1月19日公開

gettoughbetough

2.0

ネタバレ主人公のキャラに統一性が無い

どうなんだろう・・この手のナチス時代の収容所モノって、 特に今作も贋札造りに関しては史実なのだろうし、決して 軽んじてはいけないのだろうけど、個人的には、この映画が 訴えかけてくるものをあまり感じることはできなかった。 ベン・アフレックスを老けさせたような容貌の主人公を演じる 俳優は、終始抑えた演技を徹頭徹尾貫き通すんだけど、感情の 起伏が読めない分、終盤で仲間の囚人が銃殺された時に涙したり、 連合国軍の侵攻で解放された暁に自殺を遂げてしまう囚人の死体を 置き去りにしたりしない人間性の描写、他の者の命を危険にさらすことを 承知でサボタージュ行為を繰り返す仲間を看守サイドに売り渡すことを 許さない毅然たる態度・・こういったものに説得性があまり感じられな かった。 例えば、台詞で一言だけあった「家族は全員殺されたんだ」・・ここの 部分を多少なりともより具体的に描かれていれば、銃殺された少年には 自分の息子の面影を見いだしていたのかと、観客サイドにも伝わりやすいのに。 もちろん、映画は分かりやすければ良いというものでは無いことは百も承知だけど、 本来捕まる前から、絵の贋作、パスポートの偽造などで生計を立てていて、 どちらかと言うと自分本位な描かれ方をしている主人公ゆえに、上述のような 所々ヒューマニズムに走る行為には違和感を感じざるをえない。

閲覧数316