レビュー一覧に戻る
ヒトラーの贋札
2008年1月19日公開

ヒトラーの贋札

DIE FALSCHER/THE COUNTERFEITER

962008年1月19日公開

bus********

3.0

ネタバレ変な緊迫感

事実なんだ。。。すげ。 いつもの収容所での映画を見る時の感覚と少しだけ違って、ちょっと待遇がイイ。風呂も入れて白いベッドもある、仕事が与えられて音楽も聞ける。それでも結核で普通に瞬殺される。 いつもは、いつもはって表現はおかしいが、明らかな迫害を受けて人を人とも思ってない描写の中、いつ死んでもおかしくない状況がそこにあるが故の緊迫感があるが、今回は少し違う。 死が隣り合わせじゃない待遇、、、に見えてやっぱりいつ死んでもおかしくない。 歴史に全然詳しくないので、敵国の偽札を大量に作ってインフレや混乱を引き起こすって作戦がある事を初めて知りました。 実話系はどうしても退屈に感じてしまうのですがこれはそれがなく、一定の緊迫さを保ちつつブルガーとの絡みや結核の薬、正義や悪や信仰やイデオロギーは関係なく役に立たないみたいな所もあり飽きずに見れました。

閲覧数780