レビュー一覧に戻る
ヒトラーの贋札
2008年1月19日公開

ヒトラーの贋札

DIE FALSCHER/THE COUNTERFEITER

962008年1月19日公開

つとみ

4.0

贋札はあまり関係なかったね

アカデミー外国語映画賞の受賞作であるが、クオリティは2000年代の作品とは思えない程度に低く内容もそれほどインパクトのあるものでもないし、少々残念な作品だ。 しかし本作は、強制収容所に入れられた個人の物語ではなく、贋札作りに携わった集団を中心に描くことで人それぞれに想いの違いがあるのだと教えてくれた。 生活の質が向上して喜ぶ者、そうではない者、自分の保身だけを考える者、命知らずな者、集団の保身を考える者、ユダヤ人全体を考える者。それぞれに魂のこもった人間らしいキャラクターたちであった。 逆にいえばそれぞれの思惑が若干見えにくく作品の焦点がブレてズレて曖昧。主人公ソロモンの感情も分かりにくい。彼の心は空っぽの空洞で虚無感も感じ取れるが、そうではない一面を突如として発揮したり本当に分かりにくい。それはまあ、人間らしいともいえるわけだが。

閲覧数1,328