レビュー一覧に戻る
ヒトラーの贋札
2008年1月19日公開

ヒトラーの贋札

DIE FALSCHER/THE COUNTERFEITER

962008年1月19日公開

sou********

5.0

卓球台もホント。特殊な強制収容所の実話…

映画になった戦慄の実話100という本で、実際に贋札制作に関わったユダヤ人達の写真が見れる。キャスティングは、かなり実在の人物を意識して行われたのがわかる。似た雰囲気、容姿の俳優たちだ。 本には、脚色部分など書いてあるが、エピソードの多くは実際の出来事がかなり反映されているらしい。 登場人物の、アドルフ・ブルガーの回想録が基になっているらしいので、いつか読んでみたいものだ。 そもそもが、強制収容所という、現代人には理解し難い過酷な環境において、極めて特殊な扱いを受けていた囚人たち。この複雑な状態を観て、簡単な感想など述べる事など、僕にはほとんど不可能だ。 例えば、卓球台のエピソードは実話らしいのだ。教科書で知る強制収容所と、全く異なる環境にも感じるし、同時に常に死が側にある環境でもある。この複雑さが、他の強制収容所を描いた映画とは一線を画す。 いろんな映画で、いろんな人生が描かれてきたが、僕はそれらを観て、良いと思われる生き方を考える教科書としてきた部分もある。 正直、この映画の環境で、誰のように振る舞う事が出来るのか…。判断に迷う。大義、正義は理解出来る。だが、目の前に居る仲間を裏切れるのか…。答えなど見つける事は出来ずに、ただ生き残る事だけに専念しそうな気がする。 この映画にある感情を、一度は観ておいて良かった思う。 今後も、時折考えてみたいテーマだ。 ストーリーの奥深さと同様に、映像も素晴らしい。カメラワークはかなり気に入った。オープニングから、好みのカメラワークと一瞬で理解出来た。僕は、かなり好きなカメラだ。 音楽は、ほとんど気にならない存在だったが、エンドロールの曲は良い。ジャンル的に詳しくないが、メロディアスで好きだ。

閲覧数1,397