レビュー一覧に戻る
ぜんぶ、フィデルのせい
2008年1月19日公開

ぜんぶ、フィデルのせい

LA FAUTE A FIDEL!

992008年1月19日公開

ets********

5.0

カワイイだけじゃない秀作

9歳の女の子が主役なので、カワイらしさを前面に出したお話かと思いきや・・・ 1970年前後という、日本でいうなら学生運動が盛んで、世界でもいろんな若者達が紛争や活動を行っていた激動の時代のお話なのです。 パリに住む主人公アンナのお父さんの母国はスペイン。 そのスペインではフランコの独裁政権があってたり、フランスでは5月革命が起こったり 、タイトルの「フィデル」こと、カストロ議長とチェ・ゲバラのキューバ革命が、大きな影響をおよぼしていたり、ベトナム戦争が起こったり、カトリックと中絶の問題・・・と子供にとってはよくワカラナイけど激動の時代。 ワカラナイけど、両親は何か忙しそうに活動していて、今までの楽しかった生活が激変して、ミッキーマウスまでファシストと呼ばれる始末・・・、それに対して憤りや疑問を感じつつも、9歳の少女が自分なりに理解し、疑問をぶつけて消化し理解していく姿に引き込まれました。 「いいかどうかは自分で決める」って大事ですよね。 難しそうだから避けるとか、好きじゃないから理解しないじゃ何も解決しないっていう基本的なことを教えてくれるような映画でした。 いろんな人に勧めたい映画の一つになりました。 子どもが主役だからって、カワイイだけの映画じゃないところが大好きでした。 アンナと一緒にいろんな事を感じて、考えさせられました。

閲覧数270