2008年1月19日公開

Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!

MR. BEAN'S HOLIDAY

892008年1月19日公開
Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!
3.7

/ 566

29%
31%
26%
9%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

ミスター・ビーン(ローワン・アトキンソン)は、教会のくじ引きで、フランスでの1週間の休暇とビデオカメラが当たる。そして彼は一路パリへと向かうが、乗り換えの駅とは全然違う場所にたどり着く。どうにかしてカンヌ行きの列車に乗り込むものの、自分を撮影してもらっていた乗客(カレル・ローデン)をホームに残して列車が発車してしまい……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(276件)

笑える27.7%楽しい23.2%コミカル21.8%かわいい6.8%不思議3.1%

  • まー

    3.0

    割と面白かった

    往年のファンには不評のようだけれど、 それほど思い入れのない私はそれなりに楽しめました! さすがに劇場版で普段の短編集は「ない」と思うから、 こういう展開もやむを得ないんじゃないかな? ショートコントの連続に普段のビーンにはない、 大きなストーリー性があり、フランス観光気分も味わえるので、 これはこれで十分「あり」だと思います。 普通のロードムービーとしても筋道が立ってるし、 他の脇役も癖のある人ばかりで良い味を出していました。 でも「ビーンは短編!」という固定観念があると受付ないかな?

  • 雉間

    2.0

    いやー、つまらないです。

    Mr.ビーンってこんなにつまらなかったっけ? ビーンらしさがなかった気がする。 過去作でのビーンの面白いところは不条理な笑いの中に常識性があったところだと思う。 今作で言うところのウエイターと隣の客に気付かれないよう牡蠣を隣の客のバッグに入れるところがそれだ。口に合わない牡蠣を、食べ方を教えてくれたウエイターに気遣いながら食べるフリをしてバッグに隠す。客観的に見れば頭のおかしなことだが、ビーンとしてはウエイターを気遣った結果だ。 過去作ならトイレで手を洗っていたら水が跳ね、ズボンの股間部分にかかる。それを乾かそうとジェットタオルに腰を当てているのを他の客に見られる…。 そんな一見おかしな行動にも理屈がある点がビーンの面白さだと思っていたが今作ではそれらがまるでなく、ドタバタな笑いで落としていた所が物足りなく感じた。 誰にでも出来る笑いではなくビーンにしかできない笑いが見たかったのに残念としか言いようがない。 【ひと言】 人に勧められる作品ではないかな 【参考】 ★★★★★…すごく面白い。 数年後にもう一度見たくなる。オチ、ストーリーがわかっていても見たくなるレベル。 ★★★★☆…面白い。 良い時間を過ごしたなと思える。友達におすすめできるレベル。 ★★★☆☆…普通。 悪くはない。が、2度はない。一度見れば満足。それでも映画として十分お金が払えるレベル。 ★★☆☆☆…つまらない。 劇場に行って後悔する。無料なら見る。ながら作業で見るレベル。 ★☆☆☆☆…すごくつまらない。 時間の無駄。無料でも見ない。お金をもらって見るレベル。

  • hap

    5.0

    愉快なロードムービー

    ビーンの映画作品で一番好き。子役をはじめ脇役陣もいい味出してる。 南仏の海岸に辿り着いたシーンを見て旅に行きたい気持ちがあふれてきた。 オチが本当に素晴らしい。

  • has********

    3.0

    相変わらず(^ ^)

    面白い

  • tos********

    3.0

    やっぱり笑えた

    くじ引きで、ビデオカメラ付きのカンヌ旅行が当たったビーン。順調にカンヌまで行きつくわけがない。パリで違う電車に乗ったり、知らない父子を別れ別れにさせたり、何かの撮影に出たり、果たして映画が終わるまでにカンヌに着くのか。  前作から10年。どうかなと思ったら、やっぱり笑えて安心。テイストに変わりないのがうれしいです。カンヌ映画をちょっと皮肉ってるのも、おもしろいです。  ミニ愛に和みます。あの三輪車ロビンは登場しません。ちなみにミニより、ロビンの方が高価だったとは知りませんでした。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!

原題
MR. BEAN'S HOLIDAY

上映時間

製作国
イギリス

製作年度

公開日

ジャンル