ウォー・オブ・ザ・デッド
1.8

/ 12

8%
0%
17%
8%
67%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(10件)


  • mit********

    1.0

    最低の作品の一つ

    「ジャケットが悪い」「面白かった」という評価があるが、もちろん作品に対する感想は千差万別だから構わないのだが、ただ前提として、この作品は超B級映画であること、脚本があったとしても三流以下のライターであること、プロの俳優ではなくアマチュアレベルの俳優が出演している、などがある。これらを大前提としてこの作品を考察すると、とてもじゃないが他人にお勧めすることはできない。 なぜゾンビ映画には今作のようにふざけた内容が多いのか。私はその辺の事情に通じていないが、今作も間違いなくふざけていると思う。最も腹立たしいのは、ストーリーが無茶苦茶で、これだけふざけている作品をなぜ商いの手段に使うのかと感じる時だ。こっちはお金を払って観ているのに・・・。この作品も間違いなくその部類に入ると思う。時間とお金を無駄にしてもいいという人がいるなら、ぜひDVDをレンタルしてほしい。

  • hap********

    1.0

    ネタバレゾンビがだんだんひどくなってる。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • hoo********

    1.0

    ネタバレ地雷だワッショイ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • oji********

    1.0

    超大型地雷

    とても奇妙なゾンビ映画やった、ゾンビが人間を飼育して成長したら食べるの、全くタイトルに似合わん作品やったな、ラストで主人公も人間に撃たれて死ぬし、あの親切にしてあげた女の子はどうなったのか?。

  • s_o********

    3.0

    ネタバレ面白いんじゃない?

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • jss********

    3.0

    うーむ。

    すごく評価が低いのは・・・、まあ、ジャケの写真のせいでしょうw DVD販売会社お得意の手法とはいえ、あのジャケと邦題はないよなぁ。 予告編を先に見ておけば大体想像したとおりの内容。 印象としては「よくできた学生の自主制作映画」といった趣。 ものすごーーーーーーーい小規模ながら、確かにこれは戦争だ。 格闘シーンなんか俳優たちの無駄に熱い努力がビンビン伝わってくるし これでもかとばかり連発されるヘッドショットの雨あられもナイス。 主演は男前だしその相手役もかなり綺麗どころ。ちょこっとサービスシーンが あったらもっとよかったかな・・・。 髪を後ろにしばった野暮ったい雰囲気の隊長も髪をおろすと妙に色っぽかったりして。 ラストは、まあパクリではあるものの、もうちょっと前フリをちゃんとしておけば それなりにキマったんじゃないかなあ。 こうやって思い返してみると特にめくじらを立てるようなところもなく、 俳優は俳優でまじめに演じてるし、製作側は製作側でやれる範囲のことを まじめにこなしてるとは思う。事前にこの作品のプロダクション・バリューを 把握さえしておけばそこそこ楽しめる仕上がり。

  • mid********

    1.0

    これは酷いね

    レンタル店でジャケを見て、わくわくしながら帰宅し、 見る前に一応Yahoo!でレビューを少し見て愕然! まさにみなさん言われてる通りの内容でした。 最初の3分は笑いながらみてましたよ。 人間、怒りを越え呆れたらもう笑うしかないんですねえ。 なに?!あのゾンビたちは!もう少し真面目にお願いしたいです。 B級、C級映画というか、どこかの大学の映画研究会レベルでは? ところで、最後何で人間なのにデビッドは殺害されないとダメだったのかな? ストーリーはもう少し練れば面白くなったと思うけど。 それにしても配給してる「アルバトロス」! これって詐欺じゃなの?ジャケと内容が全然違うじゃないか! お金損した。

  • god********

    1.0

    2倍速

    ジャケット見て借りたんだけど、全然違った。 なんだあのゾンビ。 B級にも届かぬゾンビ映画。 途中から2倍速で観ちゃいました。

  • ms1********

    2.0

    それゆけ!アルバトロス3

    はじめに:この映画は『女子高生チェーンソー』『チアリーダー忍者』等、一部の人に絶大なる人気を得ている(?)超B級映画を出し続けているアルバトロス社の配給です。 見た人数四人に、レビューは三人か。いい数字だね。 さて、解説をする前に、左上の写真を見てみよう。 レンタルショップでこのパッケージを見て、 うーむ、なんか凄そうだな。よし見てみようか、と思ったあなた。 写真ではゾンビが鎧を着込み、剣を持ち、隊列を組んでいる。いかにも戦争っぽい。 正直、面白そうに見える。 だが警告しよう。 この写真は! 本編とは! 全っっっっっっっっっっ然! 関係がないっ! ゾンビは鎧なんて着てない! みんな私服(?)だ! ゾンビは剣なんて持ってない! せいぜい棒きれだ! ゾンビは隊列なんて組んでない! 動きはバラバラだ! ……ある意味これは詐欺だ。 さて、内容を説明しよう。多少ネタばれ・突っ込みが入る。 まず地球が映り、ナレーションが入る。 「世界は、ゾンビが支配する暗黒の時代へと突入していた。 それは突然地中から現れ、人間たちを喰い滅ぼしていった。 その原因は、彗星の接近による異常地殻変動という説があり、 あるいは何千年もの間に犯した人類の罪の代償と言う者もいたが、 その真実は誰も知る由も無かった。」 ゾンビに連れられている五人の女。 それを助けた二人の兄弟。 彼らはゾンビとの戦いの生き残り。 彼らと同じく生き残った人々はキャンプを作り、ゾンビと戦いながら生き延びている………… さて、さっき見た『ダブルバウンド』は良い出来だった。 その点、これはどうだ。 素晴らしい。 突っ込みどころが満載だ。 まず、ゾンビが支配している世界のはずなのに、ゾンビがいるのはごく一部の場所。あれ?おかしいな。「人間たちを喰い滅ぼしていった」のでは? しかも舞台は森の中。うん、低予算なB級の匂いがぷんぷんするな。 主人公の兄弟は女達を助けてキャンプへと連れていく。 再びナレーション。 「子供達にも過酷な訓練をしている」とか何とか。うん。確かにしてるよ。でもなあ、俺にはチャンバラごっこをしているようにしか見えないのだが。しかもめちゃくちゃ動きが遅い。特にあの女の子二人。ずっと同じ動きだし。 そこにキャンプのリーダーで、兄弟の母親(?)が登場。背中になぜか日本刀を背負っている。…………って、あんたは忍者か?くノ一か? 兄弟の弟、デイヴィッドは助けた女の一人にスターと名前を付け、仲良くなる。 しかしキャンプにゾンビが襲撃。 デイヴィッドとスターは捕らえられ、ゾンビの農場に連れて行かれる。 キャンプの仲間達は、他のキャンプのメンバーと共にデイヴィッドを助けるため、ゾンビの農場を襲撃。デイヴィッドを見つけるが、スターとはぐれてしまう。 スターを捜すため森に入っていくデイヴィッド。 しかし、見つける前に彼は他の人間に撃たれて死んでしまう。 彼の死体をキャンプに連れて帰る。 その時スターも一緒にいて、(それまではボロボロの服だったのに)なぜか迷彩服に黒のシャツという「兵士」な格好だった。 いつの間に? しかもスターは妊娠してた。 いつの間に? で、その子供が三歳ぐらいに成長した場面が映って映画は終わる。 ………………………………………………………………はあ。 ため息が出た。 もちろん感嘆したためではない。 安堵だ。 やっと終わってくれた。 さて。 この監督は「ザ・サイレンサー」という映画を撮ったことがあるらしい。yahoo!にはないみたいだけど。 俳優達はこれがほとんど初出演。 あれ? 兄弟の兄の方、ブライアン役のジム・マーロウ。 昔映画に出たことがあるらしいぞ。yahoo!にデータがある。 タイトルは「極楽三人組」。1931年制作。 ……………………。 ……………………。 1931年んんんんんんんんんんんんんんんんんんんっ!? いやちょっと待て! ……まあ落ち着け。 計算してみよう。 ええと仮に1931年に生まれたとしても、この映画に出たのは74,5歳ぐらいか。 …………どう見ても三十歳ぐらいにしか見えないのだが? yahoo!さん、こ、これは一体どういうことなんですか? 彼は何者? 謎だ……………… でも見てみたいな「極楽三人組」。 ☆は……………………本当は一つだ。だがこの驚くべき謎に、☆二つ。 イメージワードはこの謎に。

  • mos********

    1.0

    ネタバレ駄作ファンなら納得

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/1 ページ中